2018年 11月 15日 (木)

楽天、大敗の意外なワケ 「ファンキー加藤が球場にいたから」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2018年9月12日に楽天生命パーク(仙台市)で行われた東北楽天対福岡ソフトバンクホークスの1戦。2-13と大差で楽天が敗北した。3選手にホームランを打たれるなど、先発した辛島航投手が4回途中7失点で大誤算。

   だが単に打ち込まれたことによる敗北ではなく、ファンの間では「ファンキー加藤が球場にいたからだ」といった声があがっている。

  • 公式サイトより
    公式サイトより

副音声として球場に登場

   同日、歌手・ファンキー加藤さん(39)は、球場でTBCテレビ(東北放送、TBS系)の副音声として中継を行った。18年シーズンでは「最初で最後」だったという。解説はかつて中日・楽天でプレーした山崎武司さんが務めた。

   ファンキー加藤さんはこれまで度々、同球場で楽天の試合がある日に登場してきた。

   2015年9月19日の対オリックス戦の試合前には始球式を務めた。だがこの日、楽天はオリックスに1-9で敗北。その後もファンキー加藤さんがイベントで球場に行くたびに楽天の負けが続いた。

   本人もその「ジンクス」には気づいている。18年3月27日の日刊スポーツ(ウェブ版)によると、18年シーズン開幕前の3月27日には同球場で「決起集会」が行われ、参加したファンキー加藤さんは「僕が始球式をしたり、ライブをする日には3年連続負けているんです。すごく微妙な空気の中、ライブをすることになるので、今年はぜひ勝っていただきたい」と懇願していた。

   18年4月14日に同球場で行われた試合後には、フィールド上でスペシャルライブが開催されたが、同日の西武戦で楽天は1-5で西武に敗北。イベントで懸念していた文字通りの結果となってしまっていた。

本人「それでも楽天イーグルスが大好き!」

   こうした連鎖が続いていた中、再び球場に足を運んでいたファンキー加藤さん。例によって上記の通り敗北したこともあって、ツイッター上では

「ファンキー加藤が楽天生命パークに来園して勝ったイメージがない」
「不吉な予感的中してしまった!ファンキー加藤が楽天生命パークに応援しに来てた・・・」

とファンが冗談交じりに苦言を呈していた。

   ファンキー加藤さん自身はこうしたツイートを写真で紹介したうえで、次のように反応した。

「...ですよね!笑 それでも楽天イーグルスが大好き!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中