2019年 10月 23日 (水)

Amazonツイッター、「なんJ民」アピールも... 本家「ビジネス利用するなよ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ンゴ」「すこ」「こマ?」「微レ存」「打線組んだ」――。これらの単語は、インターネットの掲示板「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)発祥のネットスラングだ。2ちゃんねる内の「なんでも実況J(なんJ)」という場で多用されていたため、「なんJ語」とも呼ばれる。

   その「なんJ語」をめぐり、ちょっとした騒ぎが起きた。インターネット通販大手・アマゾンジャパン公式ツイッターの担当者が、「会社ですれ違った人に『あ、なんJ民だ』と言われるンゴ。。。」と悩みを吐露し、注目を集めている。

  • AmazonPrimeVideoの公式ツイッターより(編集部で一部加工)
    AmazonPrimeVideoの公式ツイッターより(編集部で一部加工)

10代で流行、市民権得つつある「なんJ語」

   ここ数年、SNSで使われるなど「市民権」を得つつあるなんJ語。ネットメディア「マイナビティーンズ」が10代女性を対象に調査した「2017年に流行ったコトバ」では、「ンゴ」が3位に選ばれた。

   こうした盛り上がりを受けてか、動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」の公式ツイッターは2018年8月13日、自社の宣伝ツイートの中で、

「#甲子園 まっただ中。連日ドラマチックな展開が多くてアツアツやなぁ。#高校野球 ええな。せや、夜に #やきう 作品イッキ見したろ」

と、なんJ語の一種である「猛虎弁」(不自然な関西弁)を交えた。企業の宣伝活動で「なんJ語」を使うのは異例といえる。

   ツイートは広く拡散され、「面白すぎて草生えるンゴ」「Amazonプライム なんJ民説やめろ」とおおむね好意的な反応が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中