2021年 3月 7日 (日)

五輪の神様に見放された「神の子」 山本KID徳郁さん「最大の夢」には手届かず

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

父の無念「幻の金メダル」を果たすため

   当時、山本さんが語ったことで一番、印象に残っているのが、父・郁榮さんへの思いだった。1972年ミュンヘン五輪に出場した郁榮さんは、金メダル候補のひとりだった。だが、試合では不可解な判定が続き、結果はメダルには遠く及ばず7位。この不可解な判定については、当時、政治的な意向により、東側諸国に有利な判定が下されたのではないかと噂された。郁榮さんと5回戦で対戦したカザロフ(当時ソ連)が金メダルを獲得したこともあり、メディアでは郁榮さんの「幻の金メダル」と報道された。

   この出来事を知ったのは、山本さんが5歳だったという。当時の新聞記事を見つけた山本さんの目に入ってきたのが、父が泣き崩れている姿だった。なぜ、父は泣いているのか。その後、詳細を知ることになった山本さんにとって、五輪とは父の無念を晴らすためのリベンジの場所だった。

「長男の俺がオリンピックで金メダルを取ることで父親が報われる。それがすべて」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中