2021年 3月 4日 (木)

五輪の神様に見放された「神の子」 山本KID徳郁さん「最大の夢」には手届かず

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

神の子が見せた希望の笑顔

   のちに山本さんがプロの格闘家に転向した際に用いたニックネーム「神の子」。「神」とはまさに父・郁榮さんであり、その子供として誇らしかったからだと言っていた。

   上半身を覆う入れ墨と、そのストレートな物言いで世間から誤解を招くこともあった。だが、取材時の山本さんは常に低姿勢で謙虚だった。そして少年のような純粋さを持ち合わせていた。

   ついに父の無念を果たすことが出来なかった「神の子」。ただひたすらオリンピックの金メダルを追いかけ、希望に満ち溢れていた22歳の笑顔を今でも忘れることが出来ない。あまりにも早すぎる「神の子」の死だった。

(J-CASTニュース編集部 木村直樹)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中