2020年 7月 4日 (土)

貴乃花親方が廃業へ 相撲協会の「締め出し」に新団体設立で対抗か

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大相撲の貴乃花親方が2018年9月25日、日本相撲協会に退職届を提出したと、スポーツニッポンなどが報じた。貴乃花親方が、報道各社にFAXを送信して報告したもので、自身の退職届とともに、貴乃花部屋に所属する力士と床山、世話人の所属先の変更願いを提出した。

   貴乃花親方の退職届を日本相撲協会が受理したか否かは25日15時時点で判明していない。親方は2010年にも退職届を出したことがあるが、このときは当時の理事長が説得して受理しなかった。もし協会が受理すれば、貴乃花部屋の取り潰しが決定し、貴乃花親方は廃業となる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

廃業への布石があった

   日本相撲協会は7月の理事会で、各部屋が協会内にある5つの一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属することを決めた。すでに6月に貴乃花一門は消滅しており、貴乃花を含む同一門の8人の親方衆は、5つのいずれかの一門に「転籍」する必要性に迫られていた。

   貴乃花親方以外の7人は秋場所中に所属先を決めており、貴乃花親方だけが未定だった。9月27日の理事会までに所属先が決まらなければ、協会員の資格を満たさないため、部屋が取り潰される。そんな矢先の退職届提出だった。

   予兆はあった。9月24日に貴乃花親方が自身の活動などをファンに伝えるWEBサイト「貴乃花応援会」に相撲協会退職を匂わせるコメントを投稿した。

   「千秋楽迎え、貴乃花部屋を支えて下さる皆様へ」とのタイトルが付けられ、「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼を申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」と綴られた。

   このコメントの真意を巡って角界では、「廃業して新団体設立」か、との憶測が飛び交っていたが、貴乃花親方が退職届を提出した今、新団体設立が現実的となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中