2019年 8月 18日 (日)

迷惑駐車を怒鳴る警備員、その横でなぜかラップ ホームセンターで起きた「ハプニング」話題に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「警備員が丁寧に注意したが、無視されて声を荒げた」

   すると、ネット上で大きな反響を呼んで、9月27日夕現在で、6万件以上もの「いいね」が付くほどになっている。「クソ笑ったw」といった声のほかに、「流石にシュールすぎる」「意味がわからん... 何がどうした?」などと戸惑いの声も漏れていた。

   ピョンギさんは、SHOさんのツイートを引用して、「停車駄目なところに止まっていて警備員が注意しても動かず最終的にうるせぇ!!ってキレてました」と現場の状況を説明していた。

   スーパービバホームを運営するLIXILビバのIR広報室は9月27日、J-CASTニュースの取材に対し、次のように前後の状況を説明した。

   ワゴン車は26日夕、客が多く出入りする正面入り口をふさぐように止まっており、警備員は最初、2回ほど丁寧に注意した。しかし、無視されたため、やや強い口調で「どいて下さい」と呼びかけた。これに対し、「うるさい!」と言われ、警備員は、「迷惑になることは遠慮してほしい」と諭した。

   それでも、「客じゃねえ!関係ねえ!」と言われ、周囲の客らが写真を撮るなどしたため、警備員は、動転して声を荒げてしまったそうだ。

   その結果、動画では映っていないが、ワゴン車はその後、正面入口から移動したという。LIXILビバでは、このような迷惑行為は初めてだとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中