2020年 9月 21日 (月)

ザギトワ「(これで)我が家も平和に」 マサルめぐる「領土紛争」決着へ

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   平昌冬季五輪フィギュアスケート女子の金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(16)が2018年10月4日、さいたま市内で行われたイベントに出席し、日本から贈られた秋田犬(あきたいぬ)「マサル」をめぐる家庭内の「領土紛争」を明かした。

   この日のイベントは、寝具メーカーのエアウィーヴ(東京都中央区)が主催。同社はマサルのためのマットレスを贈ったが、先にマットレスを占領していたのは、飼い猫のイリスカだった。そこでマサルが取った行動は...?

  • 「マサル」の写真を手に笑顔を見せるザギトワ選手
    「マサル」の写真を手に笑顔を見せるザギトワ選手
  • 「マサル」の写真を手に笑顔を見せるザギトワ選手

「自分の『領土』をイリスカに分かってもらおうと」...

   マサルは18年2月に生まれ、5月に秋田犬保存会(秋田県大館市)からザギトワ選手に贈られた。高岡本州会長によると、7月末にザギトワ選手と面会したのをきっかけに8月初めにマサルにマットレスを贈ったが、マサルの成長が早く、さらに大きいものを改めてプレゼントすることにした。

   ザギトワ選手によると、マサルは飼育業者に預けてあったため、初めてマットレスに触れたのはイリスカだった。そこで「領土紛争」が起きた。

「マサルが帰ってきたときに、イリスカはすでにマットレスを占領していました。最初は縄張り争いという感じでしたが、結局はマサルが勝ちました。自分の『領土』をイリスカに分かってもらおうと、おしっこをかけてしまって...」

   ただ、このマットレスはカバーを外して洗うことができる仕組みになっていたので、事なきを得たという。イベントでは、新しいマサルのマットレスとイリスカのマットレスが贈られ、「我が家も平和になると思います」と、喜んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中