2020年 7月 9日 (木)

阪神・金本監督の続投明言も水面下で決まりつつある岡田氏再登板

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

金本監督解任のタイミグは阪神電鉄株主総会前

   在阪スポーツ紙のデスクは「あと2年契約を残していることもあって、球団がこのタイミングで解任することはないでしょう。現時点での解任はないにせよ、来季は黙っていないでしょうね。交流戦(5月下旬予定)までに結果を残さないと、序盤戦での解任も十分ありますね。6月には本社の株主総会もありますし、金本監督にとっても正念場になるでしょう」と6月解任の可能性について言及した。

   来季、チームが浮上するためには打撃陣の補強と若手のレギュラー定着が必須となるが、現時点で聞こえてくるのは、今季、8本塁打に終わったウィリン・ロサリオ内野手の残留の可能性が出てきたことだけで、10月25日のドラフト会議でどれだけ即戦力を補強できるかにかかっている。

   前出の在阪スポーツ紙デスクが指摘するように、来季序盤戦で結果を残せなければ金本監督解任の声が上がってくるのは必至。OBが岡田氏を推す中、1軍ヘッド就任が濃厚な矢野燿大2軍監督の抜擢も考えられる。いずれにせよ、金本監督に残された時間はそう多くないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中