2021年 8月 6日 (金)

米副大統領演説「第2の『鉄のカーテン』演説」なのか 中国メディア反発「もっと常識を」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ソ連と同じやり方で中国に対応することはできない

   中国側からは反発が相次いでいる。中国外務省の華春瑩副報道局長は「根拠なき非難」で「強く反対する」とする談話を発表。国営のテレビ国際放送「CGTN」はウェブサイトで、

「ペンス氏のスピーチライターにはさらに常識が必要だ」

とする論説記事で、ペンス氏の演説が「米中関係に深刻なダメージを与えた」と非難しながら

「第2の『鉄のカーテン』スピーチというよりは、中間選挙に間に合わせようとして急造したウソの理屈、誤解と些末な事柄による粗悪なパッチワークだ」
と酷評。利益団体やロビー団体が政府や議員の政策決定過程に影響を及ぼすのは「米国の政治風景では自然な姿」

だとして、

「ペンス氏のスピーチライターは、米国の民主主義システムに関する常識を欠いている」

とまで言及した。

   環球時報は10月7日にウェブサイトに掲載した社説で、

「米国政府からどんなに多くの敵対的演説があろうとも、最も中国の発展に大きな影響を与える米国を、感情的にミスリードされることなく合理的に見なければならない」

として冷静な対応を呼びかけ、

「中国はソ連ではない。米国は、ソ連と同じやり方で中国に対応することはできない」

と主張した。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中