2021年 8月 3日 (火)

「本当に李舜臣の旗?」の声も 韓国「将軍旗」は何がしたかったのか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

旗のセンシティブさ、意識してなかった?

   「帥字旗」はむしろ、韓国では1871年の「辛未洋擾」を象徴する旗として知られてきた。当時の朝鮮が、来航した米国船を撃沈したことへの報復として、米海軍が江華島を襲撃、守備軍を壊滅した事件である。その際に戦利品として持ち去られたのが、本陣に掲げられていた帥字旗だ。

   その後、韓国側は「米国にある最も代表的な韓国略奪文化財」(中央日報、2007年5月7日付)とみなし返還を交渉、2007年に長期貸与という形で136年ぶりに「里帰り」した。こうした経緯を考えれば、日本だけでなく米国へのあてつけとも捉えられかねない(なお、米国は観艦式に参加したものの、市民団体のデモもあり、式典終了まで空母「ロナルド・レーガン」が入港できないトラブルに見舞われた)。どう転んでもセンシティブな旗だが、韓国政府が事前にどこまで配慮していたかは不明だ。

   12日に外務省は抗議、これに対する韓国の正式な回答はまだ明らかになっていないが、共同通信は13日、「韓国海軍当局者」の話として、「国旗のみ」の要請は外国艦船のみなので、帥字旗の掲揚は問題ない、との見方を伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中