2019年 1月 22日 (火)

下町ロケットで「美声」披露 落合福嗣の「腕白」伝説

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   俳優の阿部寛さん(54)が主演のドラマ「下町ロケット」(TBS系)が始まった。3年前の前作の続編となる今回には、新たに俳優の徳重聡さん(40)やお笑い芸人のイモトアヤコさん(32)ら個性的な出演者が加わって注目を集めるなか、第1話にゲスト出演した声優の落合福嗣さん(31)の活躍が話題となっている。

   落合さんは番組冒頭のロケット発射シーンにオペレーター役で登場。発射後のロケットの様子をモニターで実況する役どころで、人工衛星が分離した瞬間には「成功です!」の一言も。放送後、ネット上では「声が良かった」と称賛する声が相次いでいた。

  • 「下町ロケット」の公式サイトから
    「下町ロケット」の公式サイトから

ロケット発射のオペレーター役

   落合さんは2015年に多数の声優が所属する「青二プロダクション」入りを果たして声優デビュー。翌年からは着々と出演作品を増やし、今年の10月~12月期の地上波のテレビアニメでは「火ノ丸相撲」(TOKYO MX)に出演したほか、BSスカパーの「グラゼニ」(シーズン2)で主人公を務めるなど、声優として着々とキャリアを重ねてきている。

   今回、2018年10月14日放送の「下町ロケット」で俳優デビューを飾った落合さん。ロケット発射のオペレーターという、声に注目が集まる役どころだったこともあり、放送後のツイッターでは、

「声が良かった」
「美声」

といった反応が多く寄せられていた。

   その落合さんは1987年、元中日ドラゴンズ監督の落合博満さん(64)の長男として誕生。現役時代の博光さんがシーズンオフなどにテレビ出演する際に、両親と共に幾度もテレビに出演。「フクシくん」の愛称で視聴者から人気を博したほか、「テレビカメラの前で札束をばらまいた」など、その際の腕白かつ豪胆な態度がたびたび話題になっていた。また、大学在学中にはコラムニストとして「週刊プレイボーイ」にて連載を担当し、2010年にはそれらをまとめた書籍「フクシ伝説 うちのとーちゃんは三冠王だぞ!」を発表。「観察眼が鋭い」などとネット上で高い評価を得ていた。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中