2019年 10月 20日 (日)

「もう何もできなくなってしまうほど、ひどい言葉」 「障がいは言い訳にすぎない」ポスターは何が問題だったか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京都が、パラスポーツを応援するために東京駅構内に掲示していたポスターを撤去した。2018年10月16日にJ-CASTニュースの取材に認め、公式サイトでも発表した。

   同ポスターには、「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」というフレーズが大きく書かれており、インターネット上で物議を醸していた。

  • 東京都主催「TEAM BEYOND」のポスター。東京駅構内に掲示されていたが、撤去された
    東京都主催「TEAM BEYOND」のポスター。東京駅構内に掲示されていたが、撤去された
  • 東京都主催「TEAM BEYOND」のポスター。東京駅構内に掲示されていたが、撤去された
    東京都主催「TEAM BEYOND」のポスター。東京駅構内に掲示されていたが、撤去された
  • 掲示場所は東京駅の山手線ホームに向かう階段だった
    掲示場所は東京駅の山手線ホームに向かう階段だった

「誤解・曲解をさらに助長する」と指摘

   ポスターは、東京都が主催するパラスポーツ応援プロジェクト「TEAM BEYOND(チーム・ビヨンド)」の活動の一環で制作。東京駅・丸の内仲通りで12~21日に開催のイベント「BEYOND FES 丸の内」の企画の1つとして同駅構内などに掲示されていたもので、全23種類。それぞれ23人のパラアスリートの競技写真とともに、それぞれが競技に向き合う気持ちを表したフレーズが書かれている。

   そのうちの1枚、パラバドミントンの杉野明子選手のポスターに書かれていたのが、

「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」

というフレーズだ。

   12日、ツイッターユーザー「障害者雇用の働き方」さんが同ポスターを撮影して投稿すると、この文言をめぐって都に疑問の声が相次いだ。選手が自分自身に向けた言葉だとしても、このポスターだけでは判然とせず、不特定多数の人の目に触れる場所で掲げられる言葉として配慮に欠けていないかといった趣旨のものが見られる。

「ご本人がそう思って頑張る分にはいいかもしれませんが、ポスターにして多くの人の目に触れるとなると、障害や障害者に無理解だったり差別意識を持つ人々の誤解・曲解をさらに助長するという負の効果しかないと思います」
「杉野さんがそういう気持ちでがんばってきた。ってことを、東京都はポスターにして何を期待するのか? 2020パラリンピックの宣伝なの? パッと見て、何言ってんだ?って思うわ」
「障がいの程度は、千差万別なんです。障がいについて全く理解が進んでいない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中