2019年 5月 21日 (火)

池上番組で有名絵画としてコラ画像を誤紹介? 「本来いないはず」の人物像が...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   フランス7月革命(1830年)をテーマとして描いた絵画「民衆を導く自由の女神」(ウジェーヌ・ドラクロワ)が、ツイッターで話題を呼んでいる。

   2018年10月21日放送「池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系)で、この絵画だとして紹介された絵が、加工されたいわゆる「コラ画像」(コラージュ画像)ではないか、という指摘があがっているのだ。

  • 番組公式サイトより
    番組公式サイトより
  • 番組で「民衆を導く自由の女神」だとして紹介された絵だが、右端に「本来ないはず」の人物像が…(テレビ東京の番組画像より)
    番組で「民衆を導く自由の女神」だとして紹介された絵だが、右端に「本来ないはず」の人物像が…(テレビ東京の番組画像より)

ネットでは驚きの声「本当だったんか...」

   今回の放送は「『Noと言える』フランス 表の顔、裏の顔」というタイトルで、ジャーナリストの池上彰さんらがパリやマルセイユの街を巡った。フランス7月革命が話題になる場面では、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」だとする絵が登場した。

   「~女神」の作品は、フランス国旗を持った女性の後に民衆が続き、倒れた人々を越えて突き進んでいる姿を描写している。「本などで見たことがある」という人も多いであろう有名な絵画だ。しかし、今回の番組に使用された画像では、銃を2丁持った少年の近くに、顔周りを布で覆った「本物の絵にはいない」はずの人物像らしきものが描かれている。

   ある視聴者が、この点を指摘して該当場面の画像も添えてツイッターで拡散したところ、ユーザーからは、「リアルタイムで見られなかったけれど本当だったんか...」といった驚きの声があがっている。

   J-CAST編集部記者が22日に録画で確認したところ、確かに問題の「絵」の右わきに「本物の絵にはいない」はずのものが、はっきり映っていた。元の絵に加工した「コラ画像」の可能性が高そうだ。

   今回の番組で登場した画像にそっくりな「コラ画像」は、ネットで検索すると以前から存在していることが確認できる。また、問題の「人物像」については、その見た目から、ゲームソフト「アサシン・クリード」(映画化もされた)の登場人物で、暗殺教団の一員である「アルタイル」ではないかというコメントが多数見られた。

   J-CASTニュースは10月22日にテレビ東京の広報部に取材したが、「番組内容に関しては、こちらでわかりかねます」との回答だった。

   (2018年10月23日追記)テレビ東京は23日、今回の騒動に対して以下の謝罪文を番組公式サイトで発表した。

   10月21日(日)19時54分~21時54分に放送した「池上彰の現代史を歩く」で取り上げたドラクロワ作の絵画「民衆を導く自由の女神」は加工された画像であり、誤って使用してしまいました。視聴者並びに関係者の皆様にお詫び申し上げます。今後はこのようなことのないよう、チェックを強化し、番組作りに取り組んでまいります。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中