2018年 11月 20日 (火)

完敗で王座陥落の村田諒太 「引退出来ない」これだけの理由

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が2018年10月20日(日本時間21日)、米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の大差判定で敗れ2度目の防衛に失敗した。村田は試合後、完敗を認めたが、自身の去就に関しては明言を避けた。

   ブラントの左ジャブが村田の体力を奪っていった。テンポよく放たれたジャブは一見、軽そうにみえたが、村田の顔面は序盤から腫れあがった。五輪の金メダルを導いた鉄壁のガードは突き破られ、ラウンドが進むとともにポイントも失っていった。3人のジャッジが10-9でそろって村田を支持したのは、5ラウンドの1度だけ。1人が8ポイント、2人が10ポイント差を付ける大差判定負けだった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ブックメーカー1.17倍のオッズも...

   村田のボクシングはガードを固め、ボディーで相手の体力を消耗させ、ガードが下がったところに顔面へのパンチをつなげる。アマチュア時代からここまで貫いてきたファイタースタイルだ。

   ただ、村田の場合、べた足で追い脚がない。フットワークを駆使して左右に動き回り、中間距離からスピードのあるジャブ、ストレートを打ち込んでくるタイプとの相性は悪い。これまではマッチメイクの妙で、世界レベルのアウトボクサーとの対戦はなかった。

   ブラントは世界3位とはいえ、世界戦での実績がなく、世界的にはほぼ無名の選手。英国の大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」は戦前、村田の勝利を1.17倍と設定するなど、下馬評は村田の圧倒的優位だった。

   この一戦で村田が失ったのはベルトだけではなく、米国内での評価も失った。決して世界トップレベルではないブラントにほとんど何もできずに負けた事実は、村田の今後に大きく影響を与える。

   現在、世界のボクシング界で一番、人気のある階級はミドル級だろう。WABスーパー、WBCの2つの王座を持つサウル・アルバレス(メキシコ)を軸に、元3団体王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、ダニエル・ジェイコブス(米国)らスター選手がしのぎを削っている。2度目の防衛戦は、このミドル級戦線の生き残りをかけたサバイバルマッチでもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中