2020年 9月 30日 (水)

「日本ハムは吉田輝星だと思う」 「指名なし」から一転、金村義明が「一本釣り」予言

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   野球解説者の金村義明氏(55)が、プロ野球ドラフト会議について「日本ハムは吉田輝星君を指名すると思う」と予想した。

   夏の甲子園で準優勝した金足農業の吉田投手は、ドラフト直前で「1位指名球団なし」とも報じられたが、裏を返せば競合なしの「一本釣り」ができる可能性もある。

  • 吉田1位指名に関して報じた10月25日の(左から)スポーツ報知、東京中日スポーツ、デイリースポーツ
    吉田1位指名に関して報じた10月25日の(左から)スポーツ報知、東京中日スポーツ、デイリースポーツ
  • 吉田1位指名に関して報じた10月25日の(左から)スポーツ報知、東京中日スポーツ、デイリースポーツ

「僕の個人的な予想ですけど...」

   2018年のドラフト会議は、大阪桐蔭の根尾昂内野手、報徳学園の小園海斗内野手という、貴重な遊撃手の逸材2人に1位指名が集中する可能性が高い。特に巨人は24日、球団事務所での会議後、長谷川国利スカウト部長が「どんなことがあっても1位の入札は根尾君」と強固な意思があることを明言している。

   10月25日のスポーツ紙6紙(日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、デイリースポーツ、東京中日スポーツの6紙)による各球団ドラフト1位予想を見比べても2人に集中。巨人・ヤクルト・中日が根尾、広島・ソフトバンク・オリックスが小園、ロッテが大阪桐蔭の藤原恭大外野手で、全紙一致している。阪神・楽天も根尾か藤原のいずれかという見立てだ。

   一方、甲子園を席巻した吉田の名前はあまりあがってこない。24日には「1位指名なし」の可能性も浮上していた。だが金村義明氏は、25日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、

「僕の個人的な予想ですけど、日本ハムは吉田君にいきそうな気がするんですよね」

と自信ありげに発言した。理由は近年の「強行指名」にある。

「日本ハムは、菅野(智之)が、原辰徳さんの甥っ子が、『巨人しか行かない』と言ったのに指名する。大谷(翔平)が『メジャーに行く。絶対に日本球界は行かない』と言ったのに指名し、何度も通って入れてしまうという球団ですから」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中