2019年 4月 20日 (土)

小林よしのり、前澤友作、三浦瑠麗...やまない著名人の安田さん擁護の根拠

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   シリアで武装勢力の人質となり、その後解放されたジャーナリストの安田純平さんについて、ネットを中心に安田さんに対して浴びせられる「自己責任論」に対し、著名人が相次いで擁護論を展開。その声はやみそうもないが、擁護の根拠はかなり違っている。

  • 小林よしのりさんの公式ブログから
    小林よしのりさんの公式ブログから

「兵士になる覚悟もあるまい」

   漫画家の小林よしのりさんは2018年10月26日、「安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども」とのタイトルでブログを更新。

「また『自己責任論』でバッシングする知能低劣なネトウヨが繁殖しているらしい。ジャーナリストは戦場に行くなとでも言うのか? 自分の勇気のなさを反映した『自己責任論』で叩いてるだけの卑怯者は、国家存亡の危機に兵士になる覚悟もあるまい」

と、痛烈な論調で自己責任論を批判。「安田純平氏はとにかく体力を回復させ、精神状態を安定させるために休んでほしいものだ」と、安田氏の体調を気遣っている。

   また、ネット通販大手「ZOZOTOWN」の前澤友作社長(42)は同日、

「拘束されていた安田さんが解放され助かった。本当に良かった。けれど忘れてはいけない。2015年1月の後藤さんと湯川さん、2004年10月の香田さん、三人とも助からなかった。人命より、テロとは交渉しないという姿勢を優先した。人命<姿勢???」

と、安田さんが帰国したことを喜ぶとともに、これまでに犠牲になった3人について、助かるべき人たちが助からなかったとの考えを示した。

   なお、前澤社長はこの後に「身代金は(中略)重要なカードとして使えるのではないかと僕はいつも思う。いくら払ってでも人命第一である」ともツイートしたが、これについては日本維新の会の衆議院議員・丸山穂高氏が「この社長さんの人類史や中東の地政学すらぶっ飛ばした発想が過ぎて、驚きを隠せない。あまりにも無邪気な」とツイート。これに対し、前澤社長が「もし先生のご家族や身近な方が人質にとられても身代金は断固払いませんか?」と返すなど、ツイッター上での舌戦となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中