2018年 11月 18日 (日)

ポケモンGOの新機能に「これこそ待ち望んでいた」 アプリ起動せず歩行距離計測

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」。2016年7月のサービス開始以降、いまも路上でポケモンを「ゲット」している人を見かける。

   そんなゲームの新機能として、「いつでも冒険モード」なるものが、近々実装されると発表された。かねてから熱望されていた内容のため、ユーザーからは「遅い」「待ってたよ」といった反応が出ている。

  • 公式サイトで新機能が発表された
    公式サイトで新機能が発表された

「アメ」をもらったり、「タマゴ」をかえしたり...

   18年10月25日に発表された「いつでも冒険モード」は、iOS端末では「ヘルスケア」、Androidでは「Google Fit」(いずれもOS公式の健康アプリ)と連動して、歩行距離を記録・計測するもの。もともとポケモンGOでは、歩行距離によって、相棒のポケモンの「アメ」を得られたり、「タマゴ」をかえしたりできるが、それができるのはアプリ起動中など一部に限られていた。

   今回の新モード導入により、アプリを常時起動しなくてもよくなる。そのため、現状でどうなるかは不明ながら、ツイッターではバッテリー消費が抑えられるのではないかと期待されている。

「いつでも冒険モードでバッテリーの消費が減るといいな」
「便利かつバッテリー消費も抑えられるかもね」
「これこそ待ち望んでいた機能ではないか」

   また、一時社会問題化していた「ながらスマホ」対策になるのではといった声や、

「いや、最初からしろよと言いたくなる」
「遅いっす。2年早く実装してほしかった!」
「いつでも冒険モードの実装遅いよ!!遅いよ待ってたよ!!」

のように、もっと早い段階に導入すべきだったのではとの反応もある。

捕獲補助ツール「ゴプラ」にも注目が

   ちなみに、これまでも、小型の周辺機器「ポケモンGOプラス」(通称ゴプラ)を持ち歩けば、アメ獲得やタマゴのふ化はできた。これとスマホを接続すると、歩行距離の計測に加え、近くにポケモンが居ると振動し、ボタン操作で捕獲できる。また「ポケストップ」でボタンを押すと、アイテムも入手可能だ。しかし、16年9月の発売から日が経っていることもあり、現在では入手困難に。Apple Watch(アップルウォッチ)でも歩行距離は記録できるが、ポケモンGO目当てで購入するには、あまりに高価だ。

   なお、11月に発売予定の周辺機器「モンスターボール plus」は、ゲーム機「Nintendo Switch」のコントローラーとしての用途がメインだが、ポケモンGOプラスとしても使える。ボタン電池からUSB充電式になるのはヘビーユーザーには利点と思われるが、一方でサイズが大きくなり、定価も上がるので購入をためらう人もいるだろう。

   これらを念頭において、

「ゴプラ勢はどう思うんだろうか」
「なにこれ、ゴプラの意味半減じゃん」
「でもスポットや捕獲はできないからまだゴプラの需要はあるか」

といったツイートもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中