2019年 1月 20日 (日)

ポケモンGOの新機能に「これこそ待ち望んでいた」 アプリ起動せず歩行距離計測

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」。2016年7月のサービス開始以降、いまも路上でポケモンを「ゲット」している人を見かける。

   そんなゲームの新機能として、「いつでも冒険モード」なるものが、近々実装されると発表された。かねてから熱望されていた内容のため、ユーザーからは「遅い」「待ってたよ」といった反応が出ている。

  • 公式サイトで新機能が発表された
    公式サイトで新機能が発表された

「アメ」をもらったり、「タマゴ」をかえしたり...

   18年10月25日に発表された「いつでも冒険モード」は、iOS端末では「ヘルスケア」、Androidでは「Google Fit」(いずれもOS公式の健康アプリ)と連動して、歩行距離を記録・計測するもの。もともとポケモンGOでは、歩行距離によって、相棒のポケモンの「アメ」を得られたり、「タマゴ」をかえしたりできるが、それができるのはアプリ起動中など一部に限られていた。

   今回の新モード導入により、アプリを常時起動しなくてもよくなる。そのため、現状でどうなるかは不明ながら、ツイッターではバッテリー消費が抑えられるのではないかと期待されている。

「いつでも冒険モードでバッテリーの消費が減るといいな」
「便利かつバッテリー消費も抑えられるかもね」
「これこそ待ち望んでいた機能ではないか」

   また、一時社会問題化していた「ながらスマホ」対策になるのではといった声や、

「いや、最初からしろよと言いたくなる」
「遅いっす。2年早く実装してほしかった!」
「いつでも冒険モードの実装遅いよ!!遅いよ待ってたよ!!」

のように、もっと早い段階に導入すべきだったのではとの反応もある。

捕獲補助ツール「ゴプラ」にも注目が

   ちなみに、これまでも、小型の周辺機器「ポケモンGOプラス」(通称ゴプラ)を持ち歩けば、アメ獲得やタマゴのふ化はできた。これとスマホを接続すると、歩行距離の計測に加え、近くにポケモンが居ると振動し、ボタン操作で捕獲できる。また「ポケストップ」でボタンを押すと、アイテムも入手可能だ。しかし、16年9月の発売から日が経っていることもあり、現在では入手困難に。Apple Watch(アップルウォッチ)でも歩行距離は記録できるが、ポケモンGO目当てで購入するには、あまりに高価だ。

   なお、11月に発売予定の周辺機器「モンスターボール plus」は、ゲーム機「Nintendo Switch」のコントローラーとしての用途がメインだが、ポケモンGOプラスとしても使える。ボタン電池からUSB充電式になるのはヘビーユーザーには利点と思われるが、一方でサイズが大きくなり、定価も上がるので購入をためらう人もいるだろう。

   これらを念頭において、

「ゴプラ勢はどう思うんだろうか」
「なにこれ、ゴプラの意味半減じゃん」
「でもスポットや捕獲はできないからまだゴプラの需要はあるか」

といったツイートもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中