2019年 10月 22日 (火)

貴ノ岩の家族、なぜ「強烈なバッシング」? モンゴルにおける「横綱」の存在感

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大相撲の貴ノ岩(千賀ノ浦部屋)が2018年10月30日、元横綱日馬富士による傷害事件をめぐり約2400万円の損害賠償を求めた訴訟で、訴えを取り下げたことが分かった。貴ノ岩は、傷害事件によるケガの他、精神的苦痛を受けたことなどを主張し10月4日、東京地裁に損害賠償を求める訴えを起こした。

   貴ノ岩が訴えを取り下げた最大の理由は、母国モンゴルでの想像を超える強烈なバッシングだった。バッシングの対象となった貴ノ岩の家族が、裁判を取りやめるよう貴ノ岩に訴えたという。被害者である貴ノ岩が、なぜ訴えを取り下げざるを得なかったのか。家族はなぜバッシングの対象となったのだろうか。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

モンゴルでの大相撲視聴率、80%超?

   1991年、旭鷲山、旭天鵬ら6人のモンゴル人が大島親方にスカウトされて来日。翌1992年大阪場所でそれぞれが初土俵を踏み、長い角界の歴史の中で初めてモンゴル人力士が誕生した。

   この中で出世頭となったのは旭鷲山だった。小兵ながらモンゴル相撲で培った技の数々を披露し、「技のデパート」と称された舞の海に対して「技のデパート・モンゴル支店」として人気を博した。

   旭鷲山が番付を上げていくにつれてモンゴルでの相撲人気もそれに比例していった。幕内に昇進してからは、モンゴルでは相撲が爆発的な人気となり、1時間遅れて放送されていた大相撲中継は、常時、80%を超えていたという。

   旭鷲山の最高位は小結だったが、モンゴルでは知らぬものがいないといわれるスーパースターで、例えるならばモンゴルの長嶋茂雄氏といったところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中