2020年 9月 30日 (水)

「NNKテレビ取材班の新畑です」 取材を申し込みまくるも取材しないアカウントが登場、「NHKから苦情は?」と聞いてみた

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!
「NNKテレビ取材班の新畑です。投稿されている○○(該当のツイート内容が入る)について詳細をお伺いしたいので可能であれば当アカウントをフォローしていただきDMにてやりとりさせて頂けますでしょうか。多忙な中大変恐縮ですがご検討宜しくお願い致します」

   マスコミさながらのリプライ(返信)を送るのは、ツイッターアカウント「NNK_取材班bot」だ。2018年7月に登録され、11月1日時点でフォロワーは6000人を超えている。名前が酷似している「NHK」とは全く関係ないようだが、一体なんのためのアカウントなのだろうか。J-CASTニュースは10月27日、NNK_取材班botを取材した。

  • NNK_取材班botの取材申し込みツイート(NNK_取材班botツイッターより、一部加工)
    NNK_取材班botの取材申し込みツイート(NNK_取材班botツイッターより、一部加工)
  • 渋谷でのゴミ拾いの様子(NNK_取材班botツイッターより)
    渋谷でのゴミ拾いの様子(NNK_取材班botツイッターより)
  • NNK_取材班botの取材申し込みツイート(NNK_取材班botツイッターより、一部加工)
  • 渋谷でのゴミ拾いの様子(NNK_取材班botツイッターより)

取材許可が下りても取材しない...なぜ?

   NNK_取材班botのメンバーは、普段アカウントを管理している新畑大輔さんと、編集長の「林さん」の2人。活動を始めて3か月くらいだというが、メンバーの1人がすでに訳あってクビになっているという。ツイッターでよく取材を申し込んでいるのは「新畑さん」の方で、24歳の学生で、駅員のアルバイトをしているそうだ。

   NNK_取材班botが取材を申し込んだ際、ツイート主からの返信はなかったり、第3者が「駄目です」と回答したりと様々だ。なかには許可が下りたケースも見られたが、取材はしない。それはなぜか。

「拒否された場合やご批判を受けた際のマニュアルは充実しているのですが肝心の取材許可が下りた時のマニュアルが存在しないからです。追加する予定はないとの事です」

   許可が出たツイートはリツイートするという形で応じているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中