2018年 11月 14日 (水)

全日本大学駅伝、青山学院大が「逆転V」 学生駅伝3冠に王手

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2018年11月4日、「秩父宮賜杯 第50回全日本大学駅伝対校選手権記念大会」が名古屋市・熱田神宮-伊勢市・伊勢神宮間で行われ、27チームが出場する中、青山学院大学が「5時間13分11秒」で、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

   青学大は全8区間の終盤7区で、主将の森田歩希選手が2区途中から先頭を走っていた東海大の主将・湊谷春紀選手をとらえ、逆転。最終8区でも差を広げ、優勝を決めた。2位・東海大には2分20秒の大差をつけた。大会MVPには青学大の森田選手が選ばれた。

   青学大は今シーズン、10月8日開催の「第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走」に続く2冠目。2019年1月2日・3日開催の「第95回箱根駅伝」で優勝すると、史上初の2度目の学生3大駅伝(出雲、全日本、箱根)「3冠」達成となる。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中