2018年 11月 20日 (火)

メイウェザーVS那須川戦は「ボクシングルール」? 正式記録になりそうか、JBCに見解を聞いてみた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年の大みそかに開催される「RIZIN14」で行われる、ボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザーJr(米国)VS那須川天心の異種格闘技戦の試合形式を巡り、世界を巻き込んで論争が巻き起こっている。

   海外メディアがボクシングルールでの実施を報じるなど、大方の予想は蹴りなしのボクシングルールの適用に傾いているが、ルールに関して主催者サイドは今後、協議していくことを明かした。

  • フロイド・メイウェザーJr(写真はインスタグラムから)
    フロイド・メイウェザーJr(写真はインスタグラムから)

マクレガーは急遽、ライセンス取得

   50戦無敗を誇るメイウェザーは、これまですべての試合においてボクシングルールで戦ってきた。そのキャリアで唯一、総合格闘家と対戦した昨年8月のコナー・マクレガー(アイルランド)との一戦でもボクシングルールが適用された。

   この時も試合形式を巡って両陣営のバトルがあったが、メイウェザー陣営の主張が通りボクシングルールに落ち着いた。ただ、ここで問題となったのが、マクレガーがボクシングのプロライセンスを所持していなかったこと。

   ラスベガスでボクシングの試合を行う場合、管轄するネバダ州コミッションのライセンスを所持していなければ正式な試合として認可されない。そのため、マクレガーは急遽、ネバダ州のライセンスを取得した経緯がある。

   この一戦は通常のボクシング興行として、スーパーウエルター級(69.85キロ)12回戦で行われた。唯一、変則だったのがグローブで、通常、同級の試合では10オンスのグローブが使用されるが、UFCで4オンスのグローブを使用しているマクレガー陣営が8オンスのグローブ使用を求め、特例として認められた。

   両者のファイトマネーの合計が400億円(メイウェザーが約300億円、マクレガーが約95億円)近くまで達した世紀の一戦は、メイウェザーの10回TKO勝利に終わり、正式なレコードとしてメイウェザーのキャリアに加えられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中