2019年 1月 19日 (土)

ホラン千秋の「手作り弁当」が生活感ありすぎ! 茶色いおかず、タッパー、ラップ...

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「なぜこれを公開しようと思ったのか」「逆にいいと思う」――。タレント・ホラン千秋さん(30)がブログに「手作り弁当」の写真をアップしたところ、インターネット上でツッコミが相次いだ。

   4枚の弁当写真はいずれも器がタッパー。おかずは透明の食品ラップで区分けされており、濃い緑の野菜がないため、お世辞にも彩り豊かとは言えない。「茶色スギィ」と否定的な声もあるが、逆に飾らない一面を感じたのか「好感持てる」との反応もある。

  • ホラン千秋さんのブログトップから
    ホラン千秋さんのブログトップから
  • ホラン千秋さんが11月4日のブログで公開した手作り弁当写真の1枚目
    ホラン千秋さんが11月4日のブログで公開した手作り弁当写真の1枚目
  • ホラン千秋さんが11月4日のブログで公開した手作り弁当写真の4枚目
    ホラン千秋さんが11月4日のブログで公開した手作り弁当写真の4枚目

「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」

   ホランさんは2018年11月4日、「お弁当。」と題してブログを更新。4日分の手作り弁当を真上から撮影した写真を公開した。

   1枚目は長方形の透明タッパーで、右側にはブログの表現を借りれば「きのこと人参とごぼうのよくわかんないやつ」と卵焼きが食品ラップに包まれている。「きんぴらでもなく煮物でもなく、やっぱりよくわかんないやつ。でも美味しいのだ!」という。左側には、軽くほぐした焼き鮭を乗せた米飯がある。

   おかずの方は「常備菜にしたので次の日も同じラインナップ」。2枚目の写真を見ると確かに全く同じ献立だ。違いといえば焼き鮭があまりほぐされておらず、大きめの2つのかたまりが米飯の上にのっているという程度。しかし「ちょっと違いを出したくて...タッパーの種類を変えた。笑」というように、容器が正方形に変わっている。ホランさんは、

「同じものを繰り返し食べるって独り者の宿命ですよね。でも、それが日常です」

と哀愁を漂わせた。

   3枚目は、おかずが若干異なる。「シャケときのこが余ってたのでお醤油のCMでやってた炒め物。シャケとキノコ炒めたら、か~けましょっ♪」。女優・木村文乃さん(31)が出演するヤマサのテレビCMを念頭に置いているようだ。「簡単で美味しかった」という。

   使った食材は鮭とキノコなので前の2枚と同じ。だが、最後の4枚目はまた新たなメニューを披露した。「鶏肉の山椒炒め。ネギってどうしても茶色く染まってしまう。どうにかならないもんかね」とボヤいたその写真は、炒め過ぎてネギの青さは見られない。鮭のオレンジもないため、米飯の白以外は茶色一色で占められた。

「もうちょっと変化付けるだろ」「生活感があって良い」

   4枚の写真を見る限り献立のバリエーションは限られていて、緑黄色野菜もないため彩りも寂しい。インターネット掲示板では、

「茶色スギィ」
「いや、別に中身はいいんだけどさ もうちょっと綺麗に詰めるだけでも違うだろ 自虐ネタだなぁ」
「自分で食うのでも、もうちょっと変化付けるだろ」
「おっさんが作る弁当じゃん」

といったツッコミが殺到。タッパーやラップを多用した質素な雰囲気も、芸能人がネットにアップする弁当としては珍しいためか、

「なんでこんな茶色いの公開したの?」
「何をどうしたらコレらを世界中の人に見せびらかそうという発想になるんだろうか」
「自分で食べるんだから飾る必要はないけど人に見せられるシロモノじゃない」

など、公開した意図を気にする声が相次いだ。

   だが、ネガティブな反応ばかりではない。その素朴さが、ありのままの姿を感じさせたのか、

「リアルな弁当だ 変にデコったりしてなくて逆にいいと思うけど」
「生活感があって良い」
「普通に美味そうなんだが あと昨日の夜の余りだろ 家庭的で節約してる点が好感持てる」

といった声も少なくない。弁当や料理は「インスタ映え」するよう美しく並べてアップするネットユーザーも多いため、

「弁当は見た目じゃないと言いたかったんだろ インスタ映えしか気にしない弁当は要らない」
「ええやんけ インスタ蝿より好感度高いわ」

と、昨今の風潮を引き合いに出しながら評価する向きもある。

   さらには「一人身だと料理の見た目がどうでもよくなるんだよな」「キノコは低カロリー、年中安い、そこそこかさ増しできるから主婦の味方なんです」と、弁当作りの姿勢に共感する声もあがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中