2018年 11月 18日 (日)

大島優子「全然国民的じゃないですから!」 久々のカメラに緊張

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   約1年間にわたって米国生活を送っていた元AKB48の大島優子さん(30)が2018年11月8日、久々にメディアの前に姿を見せた。

   大島さんはスマホ向けRPG「ファントム オブ キル」の新CM発表会に出席。大島さんは10年と12年にAKB48グループの「選抜総選挙」で1位になった、かつての代表的メンバーで、ゲームのプロデューサーから「国民的・大島優子」と持ち上げられると、「全然国民的じゃないですから!」と必死で否定。久々に見る大量のカメラに「一瞬ドキッとしました」などと話していた。

  • 久々に報道陣の前に姿を見せた大島優子さん
    久々に報道陣の前に姿を見せた大島優子さん

「かわいさというものを、とうに忘れてしまっていて」...

   大島さんは17年8月、「語学留学」を目的に約1年間の予定で渡米。18年10月22日に更新したインスタグラムで、「VOCEの撮影したよ ただいまだよ」と書き込み、すでに帰国して美容雑誌「VOCE」(講談社)に起用されたことを明かしていた。帰国してから公の場に姿を見せるのは今回が初めて。

   「ファントム オブ キル」14年にリリース。栄枯盛衰の激しいスマホゲーム業界で、4年間にわたって親しまれる作品は必ずしも多くなく、プロデューサーの小泉潤さんが

「4年も経ったのに、国民的・大島優子を使える(CMに起用できるだけの人気がある)、というのがメッセージとして伝わるのではないか」

と胸を張ると、大島さんは

「私、全然国民的じゃないですから...!」

と必死で否定していた。大島さんがAKBを卒業したのは14年。監督から「かわいく」と演技を指示されたが、

「かわいさというものを、とうに忘れてしまっていて、どうやってやるんだろう」

といった具合の苦労もあったという。

渡米は「人生チャレンジ」、車で全米を縦横断

 

   久々のイベント出演に、

「久しぶりにカメラを向けられて一瞬ドキッとしました」
「久しぶりにこれぐらいのフラッシュをあびて、身がキュッとなりました」

と身が引き締まった様子の大島さん。渡米は「人生チャレンジ」の一環だといい、現地で運転免許を取得して

「自分で車を運転して、10日間ぐらいかけて縦横断してみようという経験」

をしたという。大島さんは10月17日に30歳に誕生日を迎えたばかり。節目となる誕生日は、実にあっさりしたものだったという。

「なんもしてないです。特に何もしていないですね。友達と誕生日会したとか、そういうのも特になく、さーっと終わりました」

   CMの放送は11月9日から。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中