2019年 6月 20日 (木)

人気送金アプリ、復旧の目途は? Kyashのオートチャージ機能制限、発生6日目

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   スマートフォン用の送金アプリ「Kyash(キャッシュ)」で障害が起き、ここ5日ほどクレジットカードによる自動チャージ(オートチャージ)が制限されている。

   ツイッターでは「買い物ができない」「Kyashの障害さすがに長すぎませんか」といった声も。J-CASTニュースは、復旧のメドを聞いてみた。

  • Kyashの「リアルカード」
    Kyashの「リアルカード」

11月3日から制限されている

   Kyashは17年4月にサービスを開始。当初は個人間の無料送金アプリとして、割り勘精算などをメインに押し出していた。その後、18年2月にコンビニや銀行口座でのチャージ(入金)、3月にVisaプリペイドカードとしての機能を追加。当初はスマホ上にカード情報を表示するのみだったが、6月から国内の実店舗でも使える「リアルカード」の発行を開始した。

   リアルカード最大の特徴は、キャッシュバックだ。決済ごとに2%を算出し、「Kyash残高」に月1回付与される。多くのプリペイドカードは事前の手動チャージが必要だが、Kyashの場合、クレジットカードと紐づけていれば、「Kyash残高」がゼロでも、決済ごとに自動でチャージされる。

   今回、障害によって利用できないのは、この自動チャージを伴う決済だ。11月3日18時台から制限され、8日19時現在も使えない。なお、それ以外の「送金」やGoogle Payによる決済、事前チャージや送金の受け取りで「Kyash残高」がある状態での決済は可能だ。記者も8日午後、都内のセブン銀行ATMでチャージし、残高から決済することができた。

突発な取引増が原因

   J-CASTニュースは8日、Kyashの広報担当者に、現状を確認した。

「11月3日に突発的に非常に多くのお取引があり、システムに高負荷がかかる取引量だったということで、自動チャージの制限をさせていただくに至りました。今後、突発的な高負荷がかかる取引量にも耐えられるように、システムの見直しとテストを行っている最中です」

   今後のスケジュールとしては、テストを行って、ユーザーに迷惑をかけずに取引を行える、高負荷の取引にも対応できる、と判断でき次第、解除していきたいと考えているとの回答だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中