2018年 12月 19日 (水)

豊洲市場の床、早くも亀裂が! →発見から1日で補修

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2018年11月12日朝、豊洲市場(東京都江東区)の床部分に亀裂が発見された。

   場所は6街区水産仲卸売場棟。亀裂があった4階で荷捌きをしているという「龍@鯛ガーマスク」(@ryu_1you_asks)さんやほかのユーザーが、亀裂の様子をツイッターで投稿している。

  • 豊洲市場6街区水産仲卸売場棟 (開場前の16年12月撮影)
    豊洲市場6街区水産仲卸売場棟 (開場前の16年12月撮影)
  • 豊洲市場に入った亀裂(龍@鯛ガーマスクさん提供)
    豊洲市場に入った亀裂(龍@鯛ガーマスクさん提供)
  • 割れた床をどかすと中が露わに(龍@鯛ガーマスクさん提供)
    割れた床をどかすと中が露わに(龍@鯛ガーマスクさん提供)

「引っ掛かってコケそう」「出来た早々でこれは酷い」

   龍@鯛ガーマスクさんは割れた床をどかし、中があらわになった様子も公開している。豊洲市場は18年10月11日に開場し、ようやく1か月を迎えたばかり。亀裂の写真を見たユーザーらは衝撃を受けたようで、

「普通に引っ掛かってコケそう」
「出来た早々でこれは酷いな...」
「はやっ!!!欠陥??」

といった声が寄せられている。

   J-CASTニュース編集部が11月13日、豊洲市場の設備課長を取材したところ、亀裂が入ったことに関しては「事実です」と認めた。亀裂の大きさは正確にはわからないとのことだが、あるユーザーがツイートしたメジャーが置かれた画像を見ると、ゴムのような部分から約20センチの亀裂が2本入っている。さらに亀裂が入った床部分は幾分か沈んでいるようだ。

   設備課長によれば、このゴムのような部分は「目地」という。設備課長は亀裂の原因を、

「目地は他よりも力を受けやすく、何らかの集中した力が働いてヒビが入ったのでは」

と話した。

「業務に支障はなかったと思います」

   亀裂が入ること自体は築地市場でもよく起きたことだといい、その都度補修していたという。今回の亀裂も発見から約1日後の13日昼頃には補修されたといい、設備課長は、

「業務に支障はなかったと思います」
「明日(14日)は休市日なので13日のうちに直しました。モルタルを使ったので明日の昼頃には乾いてると思います」

と話した。「開場1か月」で亀裂ができたことに関しては、「何とも言えません。目地の周りは弱いとしか...」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中