2019年 10月 17日 (木)

原監督、前・高橋政権とは「正反対」 若手育成より大型補強

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球の巨人が、オリックスを退団した中島裕之内野手の獲得に乗り出すことが2018年11月14日、関係者の話により判明した。チーム編成の権限を握る原辰徳監督が「非常に魅力的な選手」と中島内野手を高く評価。すでに球団は中島内野手の調査を始めており、本格交渉に向けて動き出す。

   第3次原政権が企む来季へ向けての大型補強。その補強人員のひとりとして、巨人が中島内野手と正式に交渉のテーブルに着くことが濃厚となった。関係者の話によると、来季の内野の構想として中島を一塁手として起用する案が浮上し、原監督も中島内野手の招へいに積極的な姿勢を見せているという。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「37歳の大ベテラン」獲得も視野

   今季、巨人の正一塁手の座を獲得したのは、若き主砲・岡本和真内野手だ。原監督は来季、岡本内野手を三塁で起用し、阿部慎之助内野手を捕手に専念させる構想を持っている。三塁を守っていたケーシー・マギー内野手が今季限りの退団が見込まれており、岡本内野手を三塁にコンバートし、中島内野手がその穴を埋めることになる。

   巨人は中島の他にFAで広島の丸佳浩外野手、西武の炭谷銀仁朗捕手の獲得を目指しており、元マリナーズの岩隈久志投手の獲得も視野に入れている。

   丸外野手に関してはマネーゲームの様相を呈しており、巨人が大きくリード。炭谷捕手、岩隈投手については、楽天を筆頭に他球団との激しい争奪戦が予想されるが、原政権の補強の流れは高橋由伸前監督の若手育成プランに大きく反するものとなる。

   高橋前監督はチームの方針として若手育成を掲げ、3年間、積極的に生え抜きの若手を起用してきた。36歳のマギー内野手は、「野球に限らず、どんなスポーツでもチームの若返りは起こるもの」とチームの方針に理解した上で、今季限りで退団する見通しだ。

   そのマギー内野手の代わりとして、同じ36歳の中島内野手を補強しようとしている。日本代表として原監督の下でプレーしたのは10年も前のことである。また、年齢でいえば丸外野手は29歳で、炭谷捕手は31歳。岩隈投手にいたっては37歳の大ベテランだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中