2019年 12月 5日 (木)

指原莉乃(26)、まだ通過点? 同年代が「ババア自虐」する中で「長い人生で見れば...」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   HKT48の指原莉乃さんが2018年11月21日、26歳の誕生日を迎えた。AKB48グループでは、すでに卒業を表明しているSKE48の松村香織さん(28)を除けば、指原さんは柏木由紀さん(27)、須田亜香里さん(27)らに続いて7番目に年長のメンバーだ。

   多くのアラサーメンバーが「お局ババアとして頑張る」「30歳までアイドル」といった自虐気味な言葉を並べる中で、指原さんのこの日のツイートでは、「まだまだ若いなあ」という前向きな言葉も。これには、アイドル以外の「長い人生で見れば」という枕詞がついており、卒業後にもできる息の長い活動を視野に入れている可能性がありそうだ。

  • イベント後に囲み取材に応じるHKT48の指原莉乃さん(2018年10月撮影)
    イベント後に囲み取材に応じるHKT48の指原莉乃さん(2018年10月撮影)

14歳でオーディション合格、15歳で上京

   指原さんは14歳でAKB48のオーディションに合格し、15歳で上京している。日付が変わった直後のツイートでは、

「あの頃は年長メンバーをおばさんいじりしていたけど、今はそれを超えて逆に誰もおばさんと言ってこなくなるレベルまでなりました」

などと自虐交じりに当時を述懐しながら、

「応援してくださっているみなさんにとっても、私にとってもいい年になるように頑張ります」

と、26歳としての活動を意気込んだ。

   指原さんと並ぶ形で「おばさん」いじりされているのが柏木さんだ。指原さんが8月3日に行われたテレビ番組の収録で明かしたところによると、総合プロデューサーの秋元康氏から、山本彩さん(25)の卒業で「柏木と指原のババアコンビで頑張るしかない」と伝えられといいう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中