2019年 9月 22日 (日)

「ハゲ散らかしても大丈夫だよ」 ダルビッシュ「薄毛自虐」のウラに聖子夫人の愛

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「20代後半から押されては押してを繰り返してきた」――なにやら深刻そうにつぶやいたのは、米シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手(32)だ。

「やっと勝ったわと気抜いたらまた強く押してくる。今まで何回も勝ってきたから今回も押し返して見せる!」
  • ダルビッシュ有投手(D. Benjamin Millerさん撮影、2017年。Wikimedia Commonsより)
    ダルビッシュ有投手(D. Benjamin Millerさん撮影、2017年。Wikimedia Commonsより)
  • ダルビッシュ投手のツイッターに公開されている最新の写真。2018年7月投稿(ツイッターより)
    ダルビッシュ投手のツイッターに公開されている最新の写真。2018年7月投稿(ツイッターより)

ハゲまされた人々も多数

   ダルビッシュ投手は、そう力強く宣言する。それほどまでに気合を入れなければいけない「強敵」とは一体何者なのかというと――。

「にしても薄毛よ、君は強いししつこすぎる。。」

   そう、「薄毛」であった。

   上記のつぶやきは、2018年11月24日に、ツイッターに投稿されたものだ。球界有数の名投手にしてイケメンとして知られるダルビッシュ投手の、突然の悩みの吐露に、フォロワーたちからは大きな反響が。2000件以上のいいねが寄せられたほか、

「同世代のエース ダルビッシュと同じ相手と戦ってる そう思うだけでやる気しか出てこない」
「一緒に頑張りましょう! 31歳独身より」
「今僕も薄毛に悩んでるのでダルビッシュさんのこういうツイート勇気を貰えます!!」

   などなど、同じ悩みを抱える人々からの感謝、感激の声も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中