2020年 10月 1日 (木)

ロシアに辛勝、ラグビー日本代表の「不安」 地元W杯「8強」目指すのに...

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   2018年11月24日、ラグビー日本代表が、来年W杯初戦で対戦するロシアに辛勝した。

「これが本番じゃなくて良かった」

   日本代表「不動の1番」稲垣啓太選手は試合後、そう漏らしたと、一部メディアが報じている。

  • 日本開催のW杯まで10カ月を切った。ホスト国として、代表はどこまでやり切れるか?
    日本開催のW杯まで10カ月を切った。ホスト国として、代表はどこまでやり切れるか?
  • 日本開催のW杯まで10カ月を切った。ホスト国として、代表はどこまでやり切れるか?

世界ランク「格下」のロシアに、あわや...

   32―27。来年、W杯開催初戦で、すでに対戦することが決まっているロシア戦。その相手に、勝つには勝った。しかし、試合は不満が残る内容となってしまった。前半から、相手の大型FW(フォワード)に押し込まれ、ターンオーバー(相手にボールを奪われてしまうプレー)や、ペナルティを再三にわたって犯した。

   前半は10-22。後半、体格に勝る相手をパスやキックで振り回し、ようやく逆転へとこぎ着けた。

   日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は

「ロシアはあまり知られていないチームであり、『謎の多い』チーム。明らかになったのは、非常にフィジカルで、大きく、強く、決心が固いチームだということだ」

と印象を語った。

   また、日本代表の韋駄天、11番WTB(ウイング)の福岡賢樹選手は

「相手が自分たちのやりたいことを徹底するという部分で、その勢いに押されてしまったと思う。来年、またロシア代表と対戦する際には、(試合の)入りから自分たちの形をやり通す必要性はあると思うし、後半のいい流れというのを、試合の最初からうまくできるようにすることと、試合の中で修正する力は必要だと思う」

とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中