2020年 9月 25日 (金)

元貴乃花親方「相撲は日本語じゃなく、ヘブライ語」 真偽を専門家に聞いてみた

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   大相撲の元貴乃花親方、花田光司さん(46)が、「相撲は日本語じゃなく、ヘブライ語」だとテレビ出演で語り、ネット上で波紋が広がっている。

   そんな根拠がどこにあるのかと疑問の声が多いが、本当のところはどうなのだろうか。

  • 元貴乃花親方(2018年9月撮影)
    元貴乃花親方(2018年9月撮影)
  • 元貴乃花親方(2018年9月撮影)

「相撲の思想的なところも、私なりに研究したい」

   花田さんは、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」に2018年11月27日、ゲストとして生出演した。花田さんは、景子さん(54)との離婚の経緯から始まって、今後の活動について、こう説明した。

「古い時代から相撲って出てきますよね。そういう思想的なところも、これから私なりに研究していきたいなと思っています」

   そのうえで、花田さんは、こう主張した。

「相撲というのは当て字で、もともと日本語じゃないんですね。そういうすごく古い世界でつながっているっていうところが、日本の国技大相撲です。そんなところも、子供たちに分かる範囲で教えていきたい」

   司会の加藤浩次さん(49)が「当て字」の意味を聞くと、花田さんは、こう答えた。

「『シュモー』って言うんですね。ヘブライ語ですね」

   「ヘブライ語?」と加藤さんが戸惑いを示すと、「だから、ものすごくつながりが深いですね。世界を股にかけての言葉ですから。世界の思想に役立てればいいなと思いますね」と付け加えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中