2020年 9月 22日 (火)

「3G消滅」の思わぬリアクション KDDIが22年終了を発表したら...

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   「5G時代」の到来が近づく中、その2世代前の「3G」をめぐる動きが、ある企業の株価に影響を与えているようだ。KDDIである。

   KDDIの株価は2018年11月半ば、「7連騰」を記録した。その後も微減を挟みつつ、28日には2719円に。29日は下落に転じたものの、比較的順調な流れだ。その要因の一つとみられているのが、16日に発表した第3世代(3G)の携帯電話サービス終了である。

   ただ、政府による通信料金の値下げ圧力とこれを受けたNTTドコモの値下げの動きは依然としてKDDIにとっての先行き不透明感を醸し出しており、上値の重い展開となっている。

  • 一つの時代が終わる(画像はイメージです)
    一つの時代が終わる(画像はイメージです)
  • 一つの時代が終わる(画像はイメージです)

ガラケー時代を作った企画

   株価が連続で上昇したのは12日(月)から20日(火)にかけての7営業日。大方の中間決算発表が終わるなか、順調に増益を果たす有力内需株として改めて投資家の物色先となっていたところ、「3G終了」のアナウンスが株価を押し上げた。ただ、上昇率は7日間合計で5.1%(125円)にとどまった。

   KDDIは2003年に3Gサービスを始めた。ドコモの「iモード」など、「ガラケー」で楽しめるデータ通信の本格化に寄与した規格で、一部のスマホにも対応している。ただ、ガラケーの利用者が減少する中でガラケー契約者がほとんどを占める3G利用者も減少したため、2022年3月末に終了することにした。終了時期を明示した通信会社はKDDIが初めてだ。

   3Gを終了することは対応基地局の維持コストを削減することになるため、株式市場は好感した。ちなみに、その約2週間前の11月1日に発表した2018年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比1.9%増の2兆4622億円、営業利益が3.4%増の5611億円、純利益が4.9%増の3454億円だった。auブランド契約者の減少、新料金プランのキャンペーン割引などによって通信料収入は減ったが端末関連収支の改善などによって営業増益を確保するというまずまずの内容だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中