2020年 9月 30日 (水)

1万人の声援でJ2昇格! 鹿児島ユナイテッドFC代表に「集客力の秘密」を聞く

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   サッカーJ3・鹿児島ユナイテッドFCがクラブ史上初のJ2昇格を決めた試合では、観客席にコレオグラフィー(巨大な人文字)で「UP to J2」の文字が書かれ、インターネット上でも話題を集めた。

   クラブ史上最大の山場となった一戦に詰めかけたのは1万916人。1試合平均3000人ほどのJ3で、なぜこれだけのサポーターが集まり、異例と言えるコレオグラフィーを実現できたのか。発案したサポーターとクラブ代表に話を聞いた。

  • 11月25日の試合で描かれた「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:鹿児島ユナイテッドFC)
    11月25日の試合で描かれた「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:鹿児島ユナイテッドFC)
  • 観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:のほほん蹴球見聞録(@nohohon_kenbun)さん)
    観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:のほほん蹴球見聞録(@nohohon_kenbun)さん)
  • 観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:hiro(@good1004day)さん)
    観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:hiro(@good1004day)さん)
  • 11月25日の試合で描かれた「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:鹿児島ユナイテッドFC)
  • 観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:のほほん蹴球見聞録(@nohohon_kenbun)さん)
  • 観戦客が撮影した「UP to J2」のコレオグラフィー(写真提供:hiro(@good1004day)さん)

「これは勢いに乗っちゃうなぁ」

   J2入りがかかっていた2018年11月25日のJ3第33節・アスルクラロ沼津戦は、サポーターの熱量も特別だった。

   ホーム・白波スタジアム(鹿児島市)には1万人以上の観客が集まり、バックスタンドの鹿児島サポーターが試合開始直前、巨大な市松模様と「UP to J2」のコレオグラフィーを描いた。背後には桜島も重なった。ストリーミングサービス「ダゾーン」の中継でも大きく映され、ツイッターでは、

「鹿児島ユナイテッドFCのコレオ。クオリティ高い!」
「桜島をバックに UP to J2」
「とてもJ3の試合とは思えない光景ですね」
「鹿児島さんのコレオが素晴らしかった!! これは勢いに乗っちゃうなぁ」

といった声が相次ぎ寄せられた。スタジアムで写真を撮ってアップするユーザーも続出した。

   今回コレオグラフィーを企画したサポーターの神脇摩侑(かみわきまゆ)さん(25)は、J-CASTニュースの取材に「ひとつになって選手に何か伝えたいと思いました」と話す。1週間ほど前、サポーター団体に「コレオをしたい」と伝え、協力を募った。普段の集客規模に鑑みて最初は「市松模様」だけを考えたが、物足りなかった。「J2」の文字を書こうと提案し、さらに話し合いの末、よりメッセージ性の強い「UP to J2」になったという。

   「もともと(J1)セレッソ大阪のサポーターなんですよ」という神脇さん。月に1、2回はC大阪戦を見に行くといい、昨季の天皇杯決勝・横浜F・マリノス戦でもコレオグラフィーを手伝ったため、「流れや感覚は何となく分かっていました」という。並行して鹿児島も、16年にJ3入りしてから応援するようになり「地元なので違う気持ちになりますね」と話す。クラブスタッフとは「とても仲が良くて、代表もフレンドリーなんですよ。家族みたいな感じです。クラブと距離が近いからコレオもできたと思います」と笑った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中