2020年 9月 22日 (火)

2度目の米朝会談、開催地はどこに... トランプ氏「飛行機で行ける範囲」、3か所が候補に

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2018年6月に続いて、2度目の米朝首脳会談が近く実現する可能性が高くなってきた。米国のトランプ大統領が、アルゼンチンのブエノスアイレスから帰国中の機内で2018年12月1日(現地時間)、記者団に明かした。

   トランプ氏によると、時期は「1月から2月」で、候補地として検討されているのが3か所だという。シンガポールで行われた前回の首脳会談では、金正恩・朝鮮労働党委員長が乗る旧ソ連製の専用機の航続距離を危ぶむ声もあったが、中国からボーイング747型機を借りることで乗り切った。今回も747型機を借りられるとすると、選択肢は広がりそうだ。

  • 2018年6月の首脳会談では、金正恩・朝鮮労働党委員長は中国から借りたボーイング747型機を利用した(写真は労働新聞から)
    2018年6月の首脳会談では、金正恩・朝鮮労働党委員長は中国から借りたボーイング747型機を利用した(写真は労働新聞から)
  • 2018年6月の首脳会談では、金正恩・朝鮮労働党委員長は中国から借りたボーイング747型機を利用した(写真は労働新聞から)

金正恩氏とは「非常にうまくやっている。良い関係だ」

   トランプ氏は18年9月に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談した際、2度目の米朝首脳会談の日時と場所について「かなり近いうち」に発表できるとしていたが、米国の中間選挙や非核化交渉の遅れを背景に、発表されない状態が続いていた。

   トランプ氏は、中国の習近平主席との会談を振り返る中で、北朝鮮問題について

「踏み込んだ議論はしなかったものの、非常に強力に取り組むことで合意した。金正恩氏とは非常に良い関係がある。6~7か月にわたって取り組んできたが、あまり長い時間ではない。人々は北朝鮮問題に80年間、核問題だけでも20年間にわたって取り組んできた。しかし、習氏は北朝鮮問題について100%協力することで合意した。これもすごいことだ」

などと話し、金正恩氏との首脳会談の見通しについて

「1月から2月になると思う。非常にうまくやっている。良い関係だ」

と話した。場所については

「3か所について議論している。まだ決めていない」

とした上で、記者の「アジア?」という問いかけには

「飛行機で行ける範囲」

と応じた。金氏の訪米については

「いつかはそうだ」

と述べ、19年初頭の会談の候補地からは外れているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中