2020年 9月 19日 (土)

北朝鮮あの名物アナに「引退説」 「芝居がかった出演」もう古い?

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   北朝鮮の看板アナウンサーとして知られる、朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサー(75)に、欧米メディアから「引退説」が浮上している。番組の近代化にともなって世代交代が進んだ結果だという。

   ただ、李アナウンサーは、金正日総書記の死去やミサイル発射、核実験など、北朝鮮にとって重要な局面でニュースを読んできた人物で、北朝鮮にとっては象徴的な存在だ。それだけにそう簡単に「完全引退」することは考えにくく、引き続き不定期で出演は続くとの見方も出ている。

  • 朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサー(75)。12月1日の番組に登場した
    朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサー(75)。12月1日の番組に登場した
  • 朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュンヒ)アナウンサー(75)。12月1日の番組に登場した

李アナウンサーのような伝統的なスタイルでは「もう理解されない」

   引退説は、2018年12月2日(米東部時間)の米ABCテレビの報道が発端だ。朝鮮中央テレビの番組の近代化について伝える中で、李アナウンサーについて

「しばらく北朝鮮のテレビに姿を見せておらず、若いキャスターに取って代わられた」

と指摘した。最近の朝鮮中央テレビでは、単にアナウンサーがスタジオで原稿を読み上げるだけでなく、街頭インタビューを交えたり、ドローンやCGを活用したりと表現の幅が広がっている。

    ABCでは、この背景を

「金正恩時代のスローガンは、新世紀とその流行の後を追うことだ。この方針の変化が番組制作にも反映されている」(東亜大学のカン・ドンワン教授)

と伝えており、北朝鮮の視聴者も目が肥えてきつつあるため、李アナウンサーのような伝統的なスタイルでは「もう理解されない」(同)としている。

   このABCの報道を受ける形で、英テレグラフ紙も12月3日、李アナウンサーの「芝居がかった出演」が「まもなく過去のものになるかもしれない」と報道。衣装の色から「ピンク・レディー」と呼ばれていることも紹介した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中