2018年 12月 18日 (火)

やくみつる氏、貴ノ岩バッサリ 「時期が時期。寛大に思う気持ちは微塵もない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   漫画家で大の「相撲好き」としても知られる、やくみつる氏が、付け人に暴行を加えた貴ノ岩(=前頭6)をバッサリと切った。

   J-CASTニュース編集部の単独取材に対し、開口一番、

「(付け人を数回殴打したという)やった内容は、軽微なことかもしれないが、時期が時期。寛大に思う気持ちは微塵もない」

と、厳しく断罪した。

  • 大相撲「貴ノ岩問題」について熱弁をふるう、やくみつる氏
    大相撲「貴ノ岩問題」について熱弁をふるう、やくみつる氏
  • 暴行事件の被害者から加害者に…千賀ノ浦部屋の貴ノ岩(日本相撲協会HPより)
    暴行事件の被害者から加害者に…千賀ノ浦部屋の貴ノ岩(日本相撲協会HPより)

モンゴル語に「合わせる顔がない」という言葉はないのか...

   ことの発端は、2017年10月25日夜から26日にさかのぼる。大相撲九州場所前の巡業先・鳥取県内の酒席で、元横綱・日馬富士から暴行を受けたとして、貴ノ岩は頭部を負傷した。当時の師匠で元横綱の貴乃花親方(現・花田光司さん)が、同年10月末に鳥取県警に被害届を提出。同年11月になり暴行が発覚したことで大問題となり、日馬富士は責任を取り、角界を去ることを余儀なくされた。

   その「被害者」だった貴ノ岩が、今度は「加害者」となってしまった。今月5日、日本相撲協会が「貴ノ岩関が付け人に暴行」していたことを発表。奇しくも同部屋(千賀ノ浦)に所属する小結・貴景勝が初優勝を飾った「九州場所」直後の冬巡業でのことだった。

   やく氏は

「モンゴルの人がどう...ということはない。ただモンゴル語には『合わせる顔がない』という言葉があるのだろうか? 貴ノ岩関は(暴行を受けた際に)、元貴乃花親方(現・花田光司さん)や医師、または弁護士にお世話になったはず。それなのに...。かの国(モンゴル)には、その概念があるのかどうか、はなはだ疑問だ」

と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中