2019年 12月 8日 (日)

絶滅危惧種のオークション出品が相次ぐ 専門家「生き物への侮辱」と警鐘

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   インターネットオークションで絶滅危惧種が多数出品されている――。とあるツイッターユーザーがこんな指摘をし、問題視する声が相次いでいる。

   J-CASTニュースの取材に、環境省は「倫理的には問題ですが、法律に触れるかというとそうではない」と説明。専門家は「生き物に対しての大きな侮辱」と憤りを隠さない。

  • ヤフオク!でのニホンザリガニの落札例(編集部で一部加工)
    ヤフオク!でのニホンザリガニの落札例(編集部で一部加工)

「昨日採取して参りました」「死着保証致します」

   ツイッターの投稿者は2018年12月3日、「これはまずいな...」との嘆息とともにオークションサイト「ヤフオク!」に多数出品されているニホンザリガニの写真を共有した。

   北海道西部と青森・秋田・岩手だけに生息するニホンザリガニは、環境省が絶滅危惧種に分類しており、個体数が著しく減少している種だ。J-CASTニュースが12月4日、ヤフオク!を確認すると、ニホンザリガニの出品は19あった。過去の落札相場(120日分)を見ると、平均額は約4600円、最高額は10万円に上った。

   いくつかの商品紹介では、「野生の個体ですので、多少の傷等はご了承下さい」「北海道室蘭産です。昨日採取して参りました」とあり、野生種の販売が目立つ。「基本的に死着保証致します」ともあり、配送の過程で死んでしまう個体も少なくないようだ。

   そのほかにも、トウキョウサンショウウオ、オキナワヤマタカマイマイ、カワバタモロコなど多数の絶滅危惧種が出品されていた。

   前述の「告発」ツイートは広く拡散され、

「絶滅の危機に瀕している生物を金のために乱獲するなんて...」
「これは真剣にオークション元で規制すべきレベルではないだろうか」

といった意見が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中