2019年 10月 17日 (木)

オリックスが阪神から欲しい選手は... 西勇輝FA移籍の「人的補償」で心理戦

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)の人的補償に関して、オリックスが阪神に心理戦を仕掛けている。オリックスが人的補償を選択した際に、阪神の主力選手の獲得に動く意向であることを2018年12月10日、複数のスポーツ紙が報じた。メディアを通じた心理戦に阪神はどのように応戦するのか、注目が集まる。

   オリックスは、西投手のFAでの阪神移籍に伴い、阪神に対し補償を求めることが出来る。西投手の今季の年俸は1億2000万円で、オリックスの中では上位4位から10位の間のBランクとみられる。Bランクの選手がFAで移籍した場合、それまで所属していた球団は、移籍先の球団に年俸の60%の補償金、もしくは人的補償プラス年俸40%のいずれかを選択出来る。

   オリックスが人的補償を求めた場合、阪神は人的補償から逃れられる28選手のプロテクトリストを西投手との選手契約締結から2週間以内にオリックスに提出しなければならない。球団は来季のチーム編成を考慮し、主力の確保、若手育成など総合的に判断してリスト作成に取り掛かるが、これを前にオリックスに先手を打たれた形だ。

  • 阪神タイガースの本拠地・甲子園球場
    阪神タイガースの本拠地・甲子園球場

オリックスは年俸度外視のベテラン獲りへ意欲も...

   オリックスの球団関係者が獲得に前向きだった選手は、前オリックスの糸井嘉男外野手(37)、福留孝介外野手(41)、鳥谷敬内野手(37)、藤川球児投手(38)、能見篤史投手(39)ら主力ベテラン勢。これらの選手がプロテクトから外された場合、高額年俸を度外視してまでも獲得に動く意向を示している。

   オリックスが仕掛ける心理戦に阪神の球団関係者は、この情報をダミーであると受け止める。

「このオフでオリックスは金子と西の先発2枚を失った。この穴は大きい。オリックスが今ほしいのはベテラン選手ではなく、将来的にローテーションの一角を任すことが出来る投手。2年前の金田のような25歳前後の将来性のある投手を狙っているはず」

   今オフ、オリックスは西投手をはじめ、金子千尋投手(35、日本ハムへ)、中島宏之内野手(36、巨人へ)が他球団に移籍し、小谷野栄一内野手(38)が現役を引退。これに対して、現時点での補強はフィリーズ傘下3Aのジョーイ・メネセス内野手(26)を獲得したのみで、投手陣に至ってはまだ手付かずの状態にある。

   また今オフ、金子投手(6億円)、中島内野手(3億5000万円)、西投手(1億2000万円)ら高額年俸者の退団によってオリックスは10億円以上が浮くことになるが、前出の関係者によると、これは新外国人らの補強費用としてストックされ、プロテクトから外れた阪神の選手には充てられないという。

プロテクトから外れる若手投手は?

   投手陣でプロテクトが確実視されるのは、上記の藤川、能見に加え、復活が期待される藤浪晋太郎(24)。これに桑原謙太朗(33)、岩貞祐太(27)、秋山拓巳(27)、岩崎優(27)、小野泰己(24)らが続き、ここ2年のドラフト上位指名の馬場皐輔(23)、才木浩人(20)らもプロテクトされるだろう。

   青柳晃洋(24)、高橋遥人(23)、望月惇志(21)、浜地真澄(20)ら若手投手陣のプロテクトも十分考えられるが、野手陣とのバランスを見ての判断となる可能性が高い。

   今季のオリックスは、20試合以上を投げ、規定投球回数に達したのは西投手と山岡泰輔投手(23)の2人だけ。来季の先発候補として、アンドリュー・アルバース(33)、田嶋大樹(22)、ブランドン・ディクソン(34)らが挙げられるが、駒不足は否めない。オリックスが来季に向けての大きな課題となるのは、先発投手陣となる。

   9日に収録された「戦え! スポーツ内閣」(MBS系)に出演した阪神・矢野燿大監督(50)は、28選手のプロテクトに関して「(リスト作成は)本当に難しい。意外に28人って少ないんで。痛い選手、とられる可能性が高いです」と吐露。リストから外れるのは、ベテランか、それとも若手か。オリックスVS阪神の心理バトルから目が離せない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中