2019年 10月 14日 (月)

書類不備で返ってきた保険証のコピーや住民票が、他人のものだった...? 住信SBIで取り違え騒動→謝罪【追記あり】

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「住信SBIネット銀行」で口座開設しようとしたところ、書類不備として、まったく知らない人の保険証のコピーや住民票が送り返されてきた――?

   あるユーザーがツイッターでこんな投稿をし、波紋を呼んでいる。

   「住信SBIネット銀行」は三井住友信託銀行とSBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行。これは事実なのか、J-CASTニュースは2018年12月14日、住信SBIネット銀行を取材した。

  • 送られてきた書類。同右は第3者の保険証のコピー・住民票(本人提供)
    送られてきた書類。同右は第3者の保険証のコピー・住民票(本人提供)

全く別人の書類が...

   ユーザーによれば、口座開設をするために提出した書類が一部足りなかったとして、12月10日付で送り返されてきたという。しかし開けてみると、同封されていたのは全く別人の保険証のコピーおよび住民票、自分のものは入っていなかった。

   ユーザーは郵便物には13日に気づいたといい、14日11時36分ごろにお問い合わせフォームにメールアドレスを入れて送っている。その後届いた返信では、いつ電話での連絡が取れるかを確認されたという。

   J-CASTニュースが14日12時30分ごろに、住信SBIネット銀行の企画部担当者に事実確認したところ、

「調査中で、調査の結果事実であれば速やかに公表いたします」

との回答が得られた。当事者たちへの対応に関しては「個人に対する対応はお答えできない」とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中