2019年 10月 21日 (月)

あおり運転男に懲役18年 「危険運転」認める

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   神奈川県の東名高速道路であおり運転の末停車していた車にトラックが衝突し、夫婦が死亡した事件で、横浜地裁は2018年12月14日、危険運転致死傷などの罪に問われていた男に懲役18年の判決を下した。各メディアが報じた。

   停車前のあおり運転と追突事故に因果関係があるとの判断。深沢茂之裁判長は同罪の成立を認め、「強固な犯意に基づく執拗な犯行」として、判決を言い渡した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中