2019年 10月 20日 (日)

あの「月のワルツ」、NHK再放送へ 初放送から14年、「懐かしい」「凄い好き」と人気再燃

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   NHKの音楽番組「みんなのうた」で14年前に流され大人気となった曲が、再び番組に登場し、ツイッター上で大きな反響を呼んでいる。

   それは、幻想的なアニメーションが印象的な「月のワルツ」だ。女性シンガーソングライター諌山実生(いさやま・みお)さん(38)の透き通るような歌声とともに、当時を思い出す人が続出しているようだ。

  • 「月のワルツ」リクエストページ(NHK公式サイトから)
    「月のワルツ」リクエストページ(NHK公式サイトから)

初放送時は、NHKに問い合わせが2700件以上も殺到

 

   アニメは、カラクリ時計に見入る少女が、目が青く光るおじいさんと出会うシーンから始まる。そして、月が青い夜に森の中をさまよい、次々に不思議なことを体験していく、というストーリーだ。

 

   「うる星やつら」などの作品で知られるいしづかあつこさんがアニメを担当した。諌山さんが作曲し、歌詞は、音楽評論家の湯川れい子さんが手がけた。

 

   NHK「みんなのうた」で2004年10、11月に初めて放送されると、その独特な世界が大きな話題になった。

 

   スポーツニッポンの05年1月21日付記事によると、放送後には、NHKのホームページに問い合わせが2700件以上も殺到し、2、3月に異例の再放送が行われることになった。12月1日に発売されたシングルCDも3万枚を突破し、有線チャートでも11位に入ったという。

 

   こんな月のワルツの再放送が、ツイッター上で18年12月14日に紹介されると、「トレンド」の上位に入るほどの反響を呼んだ。この投稿には、3万件ほども「いいね」が付いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中