2020年 12月 1日 (火)

50点差! 神戸製鋼はサントリーになぜ大差で勝利できたのか

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

ブレイクダウンはW杯への課題

   事実、NHKで解説をした日本ラグビーフットボール協会(JRFU)15人制日本代表強化委員長・薫田真広氏も

「『ブレイクダウン』で神鋼がサントリーを圧倒している」

と解説している。

   さらに、今季でヤマハ発動機(ヤマ発=日本選手権3位)退団を公にした清宮克幸監督は、早大監督時代に

「『ブレイクダウン』の1歩、2歩。そこが勝負だ」

ということを、常に選手に求めていた。

   「ブレイクダウン」で勝った神鋼が「世界の10番」カーターの動きを自在とした。一方のサントリーは、同じく「世界の10番」ギタウを起点としたかったが、十分なボールを供給できなかった。

   ラグビーという競技は肉弾戦のため、「接点」の1歩、2歩の差が、大きな違いとなってくる。その意識を高く持った神鋼が、結果的にカーターを中心とするバックス(BK)を自由に動かしていた。

   今回の神鋼の戦い方は、日本代表も目指しているところだ。どこまで激しい「ブレイクダウン」で試合を優位に進められるかが、来年のラグビーW杯の課題だろう。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中