2019年 1月 18日 (金)

元巨人・笠原将生、西武の内海獲得に怒る 「他球団の血を入れたら絶対ダメな人を持ってかれた」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元巨人の笠原将生(しょうき)氏(27)が2018年12月20日、同日に西武への移籍が決まった巨人の内海哲也選手(36)の移籍劇について、ツイッター上で怒りをつづった。

   内海選手は西武の炭谷銀仁朗選手(31)がFAで巨人に移籍したことに伴い、人的補償で西武に移籍することが発表されている。

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ

「もう巨人の監督できないやん」と怒り

   笠原氏はツイッターで、

「ふざけすぎ 他球団の血を入れたら絶対ダメな人を持ってかれた。もう巨人の監督できないやん。もうぐじゃぐじゃやな」

と、内海選手が西武に移籍することになったことを強い調子で批判している。

   今回の内海選手の西武への移籍に関しては、笠原氏のように怒りをつづるツイートが巨人ファンから続々。

「あまりのショックにどうにもならない」
「内海かわいそうだなぁー」
「炭谷の人的補償で内海とかふざけてる」

と、衝撃の大きさを表すツイートがいくつも噴出している。

   炭谷選手のFA宣言に端を発した内海選手の移籍劇の余波は、しばらく収まりそうにない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中