2019年 1月 17日 (木)

「下がらないとダメ!」「止めて下さい! ケンカは」 ヨドバシ福袋に前夜から大行列

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ヨドバシカメラの各店舗で、福袋を求めて前夜から行列を作る様子の動画が、ツイッター上に複数投稿されている。

   ヨドバシの福袋はお得だと評判になっており、客同士で小競り合いも起きるほどの過熱ぶりだ。メルカリでは、早速福袋そのものが転売されていた。

  • 福袋は早速転売されていた(メルカリから)
    福袋は早速転売されていた(メルカリから)

外国人が多かったといい、中国語が飛び交う

   「下がらないとダメだよ!」「ちょっと、1列に!」。店舗前で、店員や客らの怒号が響く。福袋が売り出された2019年1月1日の前日夜、早くも長い行列ができていた。

   客が別の客を突き飛ばし、もみ合いも起きた。割り込みを巡ってトラブルになったといい、「止めて下さい! ケンカは」と店員らが制止に入るが...。

   こんな動画がツイッター上で投稿され、その過熱ぶりに驚く声が上がっている。

   ヨドバシでは毎年、お得な家電商品などを詰めた「夢のお年玉箱」を各店舗で販売している。公式通販サイトでは、すでに抽選で45種類ほどの商品を販売したが、かなり高い倍率のもあったといい、入手が困難だった模様だ。

   店頭でも、同様な福袋を1日朝から販売したところ、東京都内のマルチメディアAkiba店などで前日から客が並ぶ騒ぎになった。ツイッター上の情報によると、外国人が多かったといい、中国語などが飛び交っていた。

   少しでも前に出ようとする人も相次いだため、ある店舗では店員が自販機の上に乗って呼びかけるシーンもあった。大勢の人が並んだため、各店では開店前に整理券の配布に追われていたともいう。

メルカリではさっそく転売も

   福袋の商品は、パソコンやカメラ、タブレット、ゲーム機などだ。

   パソコンの福袋「サーフェス Proの夢 i5」8万円、カメラの福袋「高倍率ズームデジカメの夢」3万円などが人気だったといい、各店舗では、販売開始から次々に売れ切れていた。

   メルカリでは、こうした商品が何割か上乗せされた価格で、早速転売されていた。

   ヨドバシカメラの広報担当者に1月1日、J-CASTニュースが取材しようとしたが、出勤は4日からとのことだった。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中