2020年 4月 3日 (金)

めちゃイケは僕の「家族」だった 三中元克が「平成のお化け番組」で過ごした日々と今

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   平成30年(2018年)3月、バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系、以下めちゃイケ)が22年の歴史に幕を下ろした。

   平成8年(1996年)に始まった「めちゃイケ」は、全盛期には視聴率20%超を連発する「平成のお化け番組」だった。終了のタイミングも含め、まさに平成という時代を象徴するバラエティーだったといっても過言ではない。

   めちゃイケとはどんな番組だったのか。振り返るにあたって、平成22年(2010年)に唯一素人で新メンバーオーディションに合格し、約6年間出演した「dボタン」の三中元克さん(28)を取材した。

  • 三中元克さん(写真は2018年12月撮影)
    三中元克さん(写真は2018年12月撮影)
  • 笑顔で受け答えする三中さん
    笑顔で受け答えする三中さん
  • さまざまなポーズをとってくれた
    さまざまなポーズをとってくれた

「受かっちゃったけどどうしようかな」

   平成22年(2010年)10月、めちゃイケはプロアマ不問の新メンバーオーディションを開催した。当時、レギュラーの岡村隆史さんが体調不良で長期休養中だった。同番組ならびに岡村さんの大ファンだった三中さんはオーディションに応募し、見事メンバー入りを勝ち取った。

――メンバーに選ばれた瞬間は覚えていますか?

三中:うれしかったです。でもそれはほんの一瞬のイメージですね。(番組の)放送が終わるまでは夢みたいでした。家に帰ってからは部屋の灯かりもつけず、「受かっちゃったけどどうしようかな」とそわそわしていました。

――番組初収録はどうでした?

三中:初収録では(自分が)ビンタされるくだりがあって、それが本当に怖かったです。でも、その(ビンタされたときの)顔が(スタッフには)すごく面白かったらしくて。自分では何がいいのかわからないまま収録が進んでいきました。なので、毎回手ごたえのようなものはなかったです。

――楽屋の雰囲気はどんな感じなんですか?

三中:僕が最初に話しかけたのは、ジャルジャルさんです。「ファンです」と言いました(笑)。前室では、メンバーのみなさんが雑談しているんですけど、自分からは話しかけにいきづらかったです。端っこの方で座っていたら、福徳(秀介)さんがずっと話しかけてくれました。福徳さんが収録の支えになっていましたね。今でもよくしてもらっています。

――大ファンである岡村さんとは話せましたか?

三中:印象に残っているのは、2年目か3年目くらいに、(自分の)誕生日に楽屋で岡村さんと2人きりになるタイミングがあって。そこで「今日誕生日なんですよ」と話しかけたら、「そうなんや、おめでとう」と言ってくれて。仕事終わりに、スタッフさんから大量のめちゃイケグッズのプレゼントを貰いました。岡村さんが裏で言ってくれたみたいで、うれしかったですね。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中