2019年 6月 20日 (木)

「ゴミかカスか」「死にたいなら死ね」 花田優一の靴工房「落書き」が怖すぎる

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「俺は何者なんだ」「死にたいなら死ね」――。元貴乃花親方の花田光司氏の長男で、靴職人やタレントとして活動する花田優一さん(23)の靴工房の壁に、こんな落書きがあったことに、ネット上で驚きの声が広がっている。

   工房の様子が映ったのは、2019年1月3日放送のバラエティー「キスマイ超BUSAIKU!?」(フジテレビ系)。仲の良い芸能人について語る優一さんの後ろに、冒頭のような過激な落書きが踊っていたのだ。

  • 花田優一さん(18年11月28日のInstagram投稿より)
    花田優一さん(18年11月28日のInstagram投稿より)

壁のベニヤ板に殴り書き

   番組では、落語家・立川談志さんの長女でタレントの松岡ゆみこさんと、優一さんの「意外な交遊」を取り上げた。その中で紹介されたのが、優一さんの工房「Angelo pico」で行ったインタビューの模様だ。

   工房を訪れたのは、アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉さん(30)。冒頭、「ここが仕事場?」と問いかけると、優一さんは「仕事場です。エプロン着けてさっきまで作業していました」と答えていた。

   その後、番組では優一さんと松岡さんの関係について掘り下げて行くのだが、一部の視聴者が注目したのは、インタビュー中に映った壁の落書きだった。

   ちょうど宮田さんの真後ろにある壁のベニヤ板に、黒いマジックで殴り書きしたような致で、

「俺は何者なんだ」
「ゴミかカスか」
「死にたいなら死ねカス」

といった言葉が並んでいた。こうした文字の上には、赤色のペンキのようなものが塗りつけられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中