2020年 9月 22日 (火)

日本でも手に入る! 韓国「そっくりさん」菓子列伝

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   日本有数のコリアンタウンとして名をはせる東京・新大久保。韓国の文化を愛する者が数多く集い平日でも賑わっている。

   この地域にある店では韓国から輸入された食品や化粧品が多く販売されている。K-POP好きの親戚のために食品店に立ち寄った時あるものが目に入った。ポッキーにそっくりだけどポッキーじゃない――日本で売られているお菓子と非常によく似たお菓子があったのだ。お菓子コーナーをくまなく見ると、かなり見つかったお菓子の「そっくりさん」たち。そこで実際に新大久保で買えた韓国のお菓子たちを紹介する。

  • 新大久保で購入した韓国のお菓子と日本のお菓子
    新大久保で購入した韓国のお菓子と日本のお菓子
  • 新大久保で購入した韓国のお菓子と日本のお菓子

ポッキー?かっぱえびせん?いいえ違います

   筆者が訪れたのはいずれもJR新大久保駅の東側の大久保通りに面した「ソウル市場」と「チョンガーネ」の2店。どちらも韓国の食材を販売していて、お菓子コーナーが一角にある。

   筆者が最初に目撃したのは江崎グリコから販売されているポッキーの類似品で、韓国では国民的な人気を誇る「ペペロ」だ。いずれもドイツの焼き菓子プレッツェル風のスティックにチョコレートがコーティング。手が汚れないようにスティックの一部にチョコレートがかかっていない工夫がされている。

左がポッキー、右がペペロ
左がポッキー、右がペペロ

   ポッキーが発売されたのが1966年。一方、ペペロは韓国ロッテのホームページによると83年から販売されている。しかし、韓国国内でポッキーが発売されたのは2013年からで、ペペロから大分遅れをとっている。価格はドン・キホーテ新大久保駅前店で購入したポッキーが111円、ソウル市場で購入したペペロが206円(いずれも税別)であった。

   続いては1964年発売のロングセラー商品「かっぱえびせん」と、うり二つのスナック菓子「セウカン」だ。

左がセウカン、右がかっぱえびせん
左がセウカン、右がかっぱえびせん

   驚くことに赤を基調にした袋やパッケージに印刷されたえびのフォルムまでほぼそっくりそのまま使われている。セウカンは辛ラーメンで知られる韓国の食品メーカー「農心」が製造している商品。農心の公式サイトによると71年の発売で、かっぱえびせんから7年の遅れをとっている。かっぱえびせんはドン・キホーテ新大久保駅前店で90グラム入りが98円、セウカンはソウル市場で90グラム148円(いずれも税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中