2019年 5月 23日 (木)

【読者投票】「24日本版」ジャック・バウアー役に適任なのは誰?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米ドラマ「24」(邦題:「24-TWENTY FOUR-」)が日本でリメイクされることが明らかになった。テレビ朝日の開局60周年記念番組として2020年度に放送されるという。

   同作は架空のアメリカの捜査機関「CTU」の職員であるジャック・バウアーが捜査を行う様子を、24時間の中での出来事として1シーズン24話で描くドラマシリーズ。これまでに9シーズンが制作され、日本ではフジテレビとWOWOWで放送された。

   人気シリーズの日本版ということで、ネット上では早くも誰がどの役をやるのかといった話題で持ち切りだ。そこで、J-CASTニュース編集部では、主人公のジャック・バウワーを誰にやってほしいかを問うアンケートを実施する。リメイク情報解禁後にネット上に上がった「ジャック・バウアーを誰にやってほしいか」という趣旨の声を参考にしつつ、25人を候補として選出した。

   ネット上をざっと見渡したところ、V6の岡田准一さん(38)、俳優の西島秀俊さん(47)の名前が多く挙げられているほか、阿部寛さん(54)、小栗旬さん(36)の名前も続々。また、日本語版吹き替えでジャック・バウアーに声を当てている声優の小山力也さん(55)や、ジャック・バウアーのモノマネで知られる、お笑いコンビ「どきどきキャンプ」の岸学さん(40)を推す声もあり、多数の名前が上がるなど視聴者の関心は高い。――では、あなたが選ぶ理想のジャック・バウアーは?

  • 写真はイメージ
    写真はイメージ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中