2019年 6月 21日 (金)

内海・長野が来年帰ってきても... 巨人を襲う「FA人的補償ループ」の懸念

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   FA(フリーエージェント)による補強に成功した巨人に新たな問題が浮上している。今オフ巨人は、FAで西武から炭谷銀仁朗捕手(31)、広島からは丸佳浩外野手(29)を獲得。FA補強に関しては当初の目標を達成したが、一方で内海哲也投手(36)と長野久義外野手(34)の生え抜きベテラン選手を人的補償で失う憂き目に。FA権を有する内海、長野の2019年シーズンオフの動向に注目が集まる中、新たな問題が巨人フロントを悩ませている。

   西武が内海を、広島が長野を指名した際に巨人・大塚球団副代表編成担当が発したのは「まさか」だった。この言葉を額面通り受け取れば、巨人フロントはプロテクトリストから外した内海と長野の流出は想定外だったということ。裏を返せば、巨人フロントは自ら「失態」を認めたことになる。

   「失態」を裏付ける象徴的なコメントが、内海の西武移籍決定時に発表した巨人・石井一夫代表取締役社長兼編成本部長のもの。いち選手の移籍について球団トップが言及すること自体、異例のことだが、そのコメント内容は大きな波紋を呼んだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「再びジャイアンツに戻ってくれることを期待しています」

「今後は埼玉西武ライオンズで、これまで通り子どもたちのあこがれの的として活躍し続けていただき、いつの日か、再びジャイアンツに戻ってくれることを期待しています」

   FA権を持ち、1年で巨人出戻りが可能な内海に対し、石井氏はこともあろうに将来的な巨人復帰のラブコールを送ってしまった。この発言に巨人フロントの動揺があからさまに見て取れ、内海のFAでの巨人復帰を公に容認する形となった。

   内海の移籍に続いての「まさか」が、広島の長野指名。巨人・山口寿一オーナーは「何とも痛いですよね。紛れもないチームの看板ですよね」と話すにとどめ、将来的な巨人復帰に関しては一切触れなかった。

   現行のFA制度では、内海、長野ともに2019年シーズンオフにFA権を行使すれば巨人復帰が可能となる。内海はすでに巨人から「お墨付き」をもらっており、今年4月に37歳となるため年齢的にもFAでの巨人復帰の可能性は高いだろう。一方の長野は、責任感の強さから広島に骨をうずめる可能性も考えられるが、2019年シーズンオフ以降、巨人復帰の道が残されているのは紛れもない事実だ。

原監督は「足し算」と「引き算」で表現

   ここで新たに浮上するのが人的補償問題である。高額年俸を誇る内海と長野はFA制度上のランクB以上が濃厚で、FAで巨人に復帰した場合、それぞれが所属する球団は巨人に対して金銭補償もしくは金銭補償プラス人的補償を求める権利が発生する。両者がそろってFAで復帰すれば、巨人は再び人的補償問題に直面することになる。

   今回はベテランの2人が指名されたが、チーム状況は1年で大きく変化するため、西武と広島が次に同じくベテランを指名するとは限らず、若手の指名も十分考えられる。いずれにせよ、1つ歳を重ねた選手が復帰し、それに代わる戦力が流出する。この人的補償ループによる人事は巨人にとってリスクが大きく、戦力ダウンに直結する可能性もある。

   また、プロテクトリスト作成において高年俸の生え抜きベテランをリストから外して今回のように流出させれば再びFAループに陥る危険性を伴う。その一方で若手をリストから外して流出すれば、「人材損失」としてファンから批判を浴びることは必至で、巨人フロントにとって人的補償は実に悩ましい問題でもある。

   原辰徳監督(60)は今回の一連のFA補強に関して独特の言い回しで表現した。

「今回に関して足し算は丸、炭谷。引き算は内海、長野だった」

   2019年シーズンオフに内海と長野が巨人に復帰すれば、引き算は誰になるのか。巨人のFA狂騒曲は今年も続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中