2019年 12月 6日 (金)

男気を見せる長野、逆風を受ける丸... 巨人ファン、チームメイト、OBの評価にも明暗

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   FA(フリーエージェント)の人的補償として巨人から広島に移籍した長野久義外野手(34)の背番号が「5」に決定した。広島は一桁の空き番号「5」と「9」を打診したが、長野自ら「5」を選択したという。背番号「9」は、昨季までFAで巨人に移籍した丸佳浩外野手(29)が付けていた。

   広島の鈴木清明球団本部長によると、長野が背番号「5」を選択したのは広島の生え抜きホープへの配慮だったという。その選手とは、2014年のドラフト1位で丸の後継者と期待される野間峻祥外野手(25)だ。昨季は、プロ4年目にして初の規定打席に到達し打率286.の成績を残している。背番号「9」は将来主軸を担うだろう野間がふさわしいとのことで辞退したという。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

カープファンからは「今度は長野選手の心を震わす大声援を送りたい」

   この長野の配慮にネット上では、巨人、広島の両球団ファンから絶賛の嵐。長野の男気あふれる気遣いにファンからの熱いメッセージが続出し、早くも広島ファンの心を鷲掴みしたようだ。

「既にカープのチームメイトのことや、9番が緒方孝市-丸佳浩の走攻守揃った選手の系譜のことを熟知している」
「人柄の良さだけでなく、器の大きさや人心掌握術に長けているなと感じますね」
「マツダの初打席、今度は長野選手の心を震わす大声援を送りたい」

   長野の場合、自身の意志が反映されないFAでの人的補償での移籍だけに、巨人ファンからは惜しまれる声やエールがほとんどで、引き続き広島・長野を応援するとのファンが多数を占める。広島の選手からは早くも長野の「歓迎会」プランも飛び出し歓迎ムードは高まるばかりだ。

   巨人と広島の両OBも長野の活躍に大きな期待を寄せる。元巨人監督の堀内恒夫氏は自身のブログで「選手層も厚い常にチームを若返りさせる そんなチームに君のようなベテランが必要とされたんだ。意気に感じて頑張ってもらいたい。それができる男だよ。まだまだやれるさ」とエールを送り、広島OBの北別府学氏も自身のブログで「長野選手が来てくれる これは、最高に面白い展開となりました」と歓迎の意を表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中