2019年 2月 24日 (日)

宮根誠司の「顔が違う!」「別人やん」 目の「異変」に視聴者騒然

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タレントの宮根誠司さん(55)の左目が不自然に腫れているとして、インターネット上で心配の声が相次いでいる。

   こうした声を受けてか、宮根さんは2019年1月15日放送の番組「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)で、理由を説明した。

  • 宮根誠司さん
    宮根誠司さん

「どうなっていくか皆さんお楽しみに」

   「目が変なんだけど」「目が違う人になってる」「別人やん」――。ツイッターでは13日ごろからこんな声が多数上がっている。宮根さんの出演番組の視聴者からの感想だ。

   15日の「ミヤネ屋」を確認すると、右まぶたに比べて左まぶたの幅が広く、別人のような印象を受ける。

   宮根さんはこの日の番組で、「左目が腫れてるってみなさんに心配されている」と切り出し、施術したと明かした。

   左まぶたが下がっていると指摘されて病院に行ったところ、医者から「加齢」が原因だと言われ、施術を勧められたという。10分ほどでまぶたを縫いあげ、「まだ少し腫れていますけど、結果的にプチ整形」と笑いを誘い、「これがどうなっていくか皆さんお楽しみに」と呼びかけている。

   共演した俳優の梅沢富美男さん(68)も、加齢とともにまぶたが下がり視界が悪くなってきたため、「僕もやろうと思ってる」と真剣に答えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中